<<<2010年 >>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
<<< 2011年 >>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
トップページ > ホットライン



2011年1月号

・〜・〜・
法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


2011年1月号

今年度は、役員改選の年です。
1期2年ですが16名の社団理事の改選で候補者も出揃いました。
なんといっても最強の第3支部役員団です。
チームワークの良さも定評があります。
今年の期待を担ってスタートします。


新しい年を迎えて

(社)川口法人会も念願であった公益法人もまもなく認可される事と思います。
公益法人の重みと誇りを手にして、第3支部もふさわしい活動が求められますが、
当初 俺がぁーまちが目指す、楽しくなければ 俺がぁーまちではない事はぶれることなく、
新規の役員共々頑張って行きます。
地域の活性化 ビジネスの活性化、生き甲斐の創造3つの柱は健在で、
会員の皆様に喜んで頂ける企画を次々と生み出して参ります。
バザール市や経営塾は、社会貢献として地域に密着した活動として評価され
更に充実味を見せる今後企画を致します。
俺がぁーまちの第一の特徴はネットによるインフラの充実であります。
俺がぁーまちe-mailクラブを中心に、日々会員に対する有意義な情報を提供すると共に、
行動する委員会としてコラボの会の活躍は見逃せません。
会員による会員のためのコラボの会です。
新しい年に寄せる期待は大なるものです。


会員交流忘年会 12月2日(木)ゆの郷大広間 43名


楽しみにいた会員交流忘年会は
43名の参加の元、賑やかに和やかに
ゆの郷で開催されました。
ゆの郷で用意された鮟鱇鍋を中心に
食事と各委員長からの挨拶も順調に進み
いよいよビンゴです。
今回は最初、泡盛・ストーブ・Yシャツ
・文具などで行われましたが、
大変時間が掛かりました。
あまり運が開けなかったようです。
続いて第2ランドは、会長賞1万円を含む
13本の争奪戦で、じゃんけんに致しました
ビンゴと違いその都度なので毎回当たる人が出ます。
最高にラッキーだったのがガイヤ社長の
平野さん 会長賞を含めて2枚あたりました
頭脳プレーで パターンを読みきっての勝利だそうで
司会の亀卦川訓のパターンが読まれた様です
来年は じゃんけん担当を替えなければなりません
ともあれ楽しい内に早田相談役の手締めで終了
いたしました。新しいメンバーとの出会いもありました。






俺がぁーまちe-mailクラブ12月10日(金)1265号 芝川相馬さん 加藤展裄さん

先日の日曜日、サンデーモーニングで芝川を歩きました。
ここは川口オートレスの裏です。
ミスター環境の相馬さんの提案で
旧芝川の現状を見てきました。
まさにごみだらけの汚水が流れ
鶴見製紙の裏側には
その水処理のシステムが動いていて
市でも何とかしようと言う気運もあるようで
処理剤や水を漉すシステムもありました。

相馬さんの話では監視員も歩いているようですが
社会貢献として、
駅前美化もそろそろ仕舞いをして
この件を提案したらとの事です。
かわせみ初めて見ました。かわせみ
とてもきれいな鳥で
バートウィッチングの人もたくさん居ました。
相馬さんはごみ拾いを行いました。
隣は加藤展裄さんです。







俺がぁーまちe-mailクラブ12月13日(月)1267号 神根地区世話人会

12月9日(木)神根の市公民館で神根地区の世話人会が開催され、
今後の活躍と加入勧奨地区割りが協議された。
思えば15年も前、上青木地区のスタート時を
彷彿される感がするほど熱心に話し合われ、
自主的に地区割の担当に手を上げてもらい
各人のリードの元に会員拡大と
会員サービスが進むものと思います。
今回欠席の役員も含めると15名ぐらいのエントリー
があり今後に期待が集まる。
日帰りバス旅行が3月13日
夢追いクラブも担当してもらう事にして
新年会が1月29日に決定。
上青木と神根地区の役割分担を取り決めました。


12月25日(土)正副支部長役員会納会 会場 多吉 13名

12月25日(土)芝の新しくオープンした苔庭
庭園の多吉にて今年最後の役員会が開催された。
毎年仲間として最後の納会は
絶品のおいしい料理屋と決めて行われています。
入館して皆がウワーと驚嘆の声を上げる程
良い料亭でおいしい懐石に舌鼓を打ちました。
次年度役員の検討が食事前のテーマです。
支部長1 監事1 常任理事2 理事12
全部で16名です。
その他21名の支部理事、事業委員21名
合計42名の推薦で、特に理事の枠が16名では納まらず
約3名の枠不足です。
理事にはこれだけ狭き門で私としても候補者は
全員送り出したいと思う心情です。
全役員42名は ロータリークラブと同じくらいの人員を抱えて
次年度4月から事業展開します。本当に充実した支部です。
本当に気の会った仲間と言う感を味合う楽しい夜でした。


幹事報告1月  須賀 義幸
1月 6日(木)幹事会 ゆの郷
1月18日(火)バザールクラブゆの郷12時
       講師 参議院議員 大野元裕様
1月21日(金)経営塾 7時 SKIP4階
1月27日(木)3役会議 12時ゆの郷
1月28日(金)夢追いクラブ




2011年2月号

・〜・〜・
法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


   
2011年2月号

今年に入って寒い日が続く
毎日ですが、 俺がぁーまちは
春爛漫のように楽しい企画が満載です。
今年のスローガンは、良き経営者たらんと願う者の集まりです。
夢のある会にしましょう。



これからの企画は楽しさ一杯

期末2ヶ月になりました。
支部でも応援しています「アヴェントゥーラ川口」の
女子フットサルの試合を2月5日観戦応援し、
2月12日土曜サロンは選手との祝賀交歓会を予定しています。
3月6日はバス日帰り研修会が予定されています。
今回は那珂湊を中心に温泉とグルメ本場アンコウ鍋の舌鼓をうち
那珂湊魚市場でのお買物、周辺の工場見学など盛りだくさんです。
是非早春の旅情をいっしょに楽しみましょう。
4月は16日・17日・18日の3日間友好法人会交流として宮古島を楽しみたいと企画中で
現在の予定では49,800円と非常に安くて内容の充実した旅で、
地元の会員さんとの交流も調整中で、
市長公式訪問などを織り込み癒しの島「宮古島」でのバカンスをエンジョイします。
その日は大潮で島全体が浮上してさんご礁を手で触れなお島と島とを歩いて渡れる
「珍度物語」の日本版を演出いたし年に一度しか巡り合えぬ貴重な体験を致します。
宮古島は4月3日が海開きで一足早い夏を経験致します。
こうして楽しみながら仲間の交流を広げる 俺がぁーまちです。


バザールクラブ例会報告 1月18日(火) ゆの郷 26名

 睦月、2011年辛卯(かんのとう)うさぎ年、飛躍を胸にこの一年を共にがんばりましょう。
バザールクラブ新年初例会は寒波の襲来で寒さ厳しい大寒前の18日
参議院議員の大野元裕(もとひろ)さんを迎え講話を伺いました。
大野さんのプロフィール
 川口市出身、s38生まれ48歳、
 慶応大学卒業後、国際大学で修士号取得。
 中東諸国の日本大使館勤務、中東調査会上席研究員、
 政府委員を歴任、東大、青学、日大等で教鞭をとる。
 湾岸戦争時日本人救出に尽力、イラク戦争前国会で
 「イラクに大量破壊兵器はない」と述べ一石を投じる。
 祖父は知る人ぞ知る元川口市長大野元美氏である。
尖閣諸島、北方領土、北朝鮮問題と外交面で、
また国内では地方分権、地方の時代と言われてきたが
国は財政面で税と人の安全の問題が大きくクローズアップされている。
新年早々大野さんはドバイ、ヨルダンに出張、
その豊富な人脈で人間関係、信頼関係を築き、
海外の諸国に新幹線や原子力発電をと精力的に活動している。
 外国との対応は毅然とした態度、外交が必要であり、政治家のとるべき道であるとし、
また、外交は武器を使わない戦争であるといわれる。国際法の上に立ち拉致問題や地下資源で
あるレアアースにも対処すべきである。また武器輸出の見直しと北朝鮮に対するミサイル、
核、拉致の対処にも同様の観点が必要である。
 大野さんは中東研究の専門家から政治家に転じ外交、安保政策のエキスパートとして
活動を始め5か月余り、この間党政策会長補佐として新たな防衛大綱を手掛け武器輸出
三原則の見直しを手掛けたがまだ実現に至っていない。また防衛大綱の提案作りと同時期に
「事業仕訳」の仕分け人になり、政府開発援助(ODA)や国際協力機構(JIKA)所轄事業
などを担当し事前ヒアリングや資料集めを行いさらに法務省、外務省、警察の仕分けを実施
しました。現在アラブ諸国との関係基盤の拡大を期しイエメン、東チモール、ジプチ各議員連盟
の活動を積極的に進めています。
 政治家を目指す原点になった「安心できる外交」をめざし何といっても多くの方々との出会いに
感謝し今後の政治活動を続けていきたいと力強くお話しいただきました。
 最後に早田、大杉、加藤、須賀各会員の質疑にご回答いただき定刻終了しました。
加藤 展裄


経営塾例会報告 1月21日(金) SKIPシティ3階3A会議室 参加者19名



新年初となる第9回経営塾はファイナンシャル。
プランナーの池田孝行様を講師にお招きして「小さな会社だからこそ【銀行との付き合い方】」
をテ−マに開催されました。
講師ご自身も滝野川信用金庫本店で窓口担当をされていた経験をお持ちで、
実体験を元にお話下さいました。
企業が銀行より借り入れをする場合に3期分の決算書提出を求められますが、
融資担当者は税理士さんの作成した決算書の数字をそのまま見ているでしょうか?
融資担当者の着眼点はズバリ「換金性」を見ており
決算書上の数字から実際にマイナスする項目があります。
○回収不能の売掛金
○不良在庫分の棚卸し資産
○返済金額の無い短期貸付金
○仮払金・立替金
○前渡金・前払費用など決算上の純資産よりマイナスする為、査
定後金額が決算書上の数字とは大きくかけ離れる事が多く、
その後に銀行独自のA〜Eまで5段階の格付けでランク分けされます。
C・D・Eは融資の対象外となりAの中でも更に5段階評価に分かれ、
ランクにより融資額と融資の金利が変動します。
多くの銀行で窓口担当者一人当たり100社は請け負っており、
夜中に大量の稟議書を作成している。
その作業の時に有効なものが《決算概況*サンプル別紙添付》を添付すると、
記憶が残り企業に対し興味を持ってもらえ稟議書も書きやすいそうです。
特に主要の取引先・シェアが記入有ると喜ばれ、融資担当者の印象がプラスになります。
実際に都内のS信用金庫では決算書8割評価と定性的要因《決算概況》2割評価を行い格付け判断しているそうです。
最後に講師より、格付けを上げる事で資金繰りが楽になりお金があれば新たな試みにも挑戦できる。
銀行員も人の子なので《決算概況》を是非活用して下さいとアドバイスを頂きました。
(赤田知之)


夢追いクラブ報告 1月28日(金)ふじ 17名

この会は都度テーマ別限定会員で開催され
今回は、神根地区の会員の親睦を諮るため「ふじ」で料理を楽しむ事に致しました。
西山委員長を中心に新しいメンバーそして今後を担う若い幹事候補の方々により和やかに宴は
将来を期待できる集会でした。(小嶋和男記)

幹事報告2月予定 須賀総括幹事

2月 3日 正副支部長役員会 ゆの郷6時30分
2月 5日 女子 フットサル決勝観戦
2月12日 土曜サロンフットサル選手交歓会
2月18日 経営塾19時 SKIP4階AB室
印刷物を最大限に生かした小さな会社のマーケティング戦略
2月24日 3役会議 ゆの郷 12時
     バザールクラブ日程未定
3月3日 役員会 ゆの郷 6時30分
3月6日 バス日帰り研修会

新会員紹介
サンライズモーター(株) 自動車整備販売
(株)シンカ       飲食店
SID(株)        デザイン設計 試作品製作
銀河計画(株)      太陽光発電販売
(社福)厚生会      老人ホーム

ホットライン トップへ



2011年3月号

・〜・〜・
法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


2011年3月号

いよいよ年度末有終の美を飾るべき最終月
3日は岡村市長を招いての講演会
6日日帰り研修バス旅行等が予定されています。
今年一年間役員の方々は充実し社会貢献も
バザール市の成功、経営塾も今月で卒業します。
4月は法人会友好交流宮古島ツアーが計画されています。


岡村市長を招いて講演会開催
毎年の会員大会と位置づけして会員の皆さんにお声がけをして開催される会員大会は、
3つ有ります。
8月に開催される暑気払い納涼大会、12月の忘年会、そしてこの市長を招いての講演会には
それぞれに会員大会の名称を付けています。
年一回市長から市政についてお伺いすることであり、参加することでも有ります。
過去には一般公開質問して、環境問題のうち、ペットボトルの処理に入札の提案をして実現し、
市の収入源に寄与した経緯も有ります。また現在社団の駅前美化運動にも繋がりました、
ガムポイ捨て禁止の元になりました。市条例の提案もしてまいりました。
バザールクラブによる超党派の議員を招いての勉強会も
私たちのこの川口の行政にも関心を持っている証でも有ります。
地域の活性化としてバザール市もあります。
[良き経営者たらんと願う者の集まり」をテーマを標榜する(社)川口法人会第3支部は
一般市民の代表として常に今後も政治に関心をもって活動をして参ります。


アヴェントゥーラ川口 フットサル観戦 春日部市庄和町体育館 9名




2月5日(土)アヴェントゥーラ カワグチの
フットサル埼玉県チャンピオンの決勝戦を
庄和町体育館に応援観戦に行きました
9名でしたが4時30分から6時過ぎまで
熱戦が続き相手の武蔵が丘短期大学に
おされ気味に試合だったが0対0の
拮抗が続き 最終5分前に2本取り快勝いたしました。
相手チームは前年度全国チャンピオンだそうです
終えて西川口の花火にて懇親会でした。


土曜サロン報告 2月12日(土)ゆの郷 25名 


大雪が予想される3連休の中日
12日土曜日に行われた土曜サロンに
長岡理事長ほか選手5名を招いて25名の
参加で開かれた。
埼玉県リーグで優勝したアヴェントゥーラ川口
の次の展開に期待する。
明るい選手達との交流は
私たちの川口の誇りとして
参加した会員の理解と暖かい
支援への気持ちに変わる
楽しい一時でも会った。
是非頑張って関東一をめざして欲しい。




経営塾報告 2月18日(金)SKIPシティ4階4A会議室 参加者30名


第10回経営塾は株式会社陽光社
営業ツールプランナーの伊藤伸哉様を講師にお招きして
「印刷物を最大限に活用した小さな会社のマーケティング戦略」
をテ−マに開催されました。
本日のポイント3点をご教授頂きました。

@企業は「想い」と「戦略」が大事!
事業価値の最大化は想い×戦略で「良き想い」が有ると
「周りが応援したくなる」とお話頂きました。
ワークシートを使いながら、何がきっかけで(気付き)、
この事業を通じて何がしたいか(理念)、
将来どうなりたいか(ビジョン)を明確にしました。

A「戦略」とは差別化×魅力化×効率化!
他社競合との差別化を図る為、
顧客分析(ターゲット/ニーズ/市場規模)と
自社・競合分析(商品/価格/販路/プロモーション)
の2つの分析より自社の差別化のポイントを明確にしました。

B企業には強力で便利な『武器(印刷物)』が必要!
顧客の獲得から顧客の維持まで、それぞれのシーンにおいて具体的な印刷物やツールの例を頂きました。
独自小冊子の作成などで経営理念や想いを紙面に表し、競合他社との差別化を狙います。
今回の勉強会ではワークシートを使い、様々な業界の参加者が自社の現状を踏まえ、
どのように魅力をアピールし集客の効率化を考える時間となりました。(赤田知之)



幹事報告3月予定 須賀総括幹事

3月3日岡村市長講演会 SKIP4階
正副支部長役員会 ゆの郷18時30分
3月 6日 バス日帰り研修 7時15分SKIP
3月18日 経営塾19時 SKIP4階AB室
3月24日 臨時総会(社団)SKIP1階4時
3月31日 3役会議 ゆの郷 12時
4月 7日 正副支部長会議 ゆの郷18時30分

新会員紹介
(有)中央福祉葬祭 葬祭業
(株)来人     小売業




2011年4月号

・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・

2011年4月号

先月は有史来最悪の国難を地震・津波と
日本中が揺れ動いた月でさすが日本人、
世界に模範とする解決に向けて始動いたしました。
たくさんの犠牲者にお見舞いを申し上げる次第です。
新しい年度を迎えて私たちも
再建の意気高く活動して行きたいと思います。


(社)川口法人会第3支部の現況
(社)川口法人会第3支部の2月28日現在の会員数は838社
加入率54・6%で上青木時代の72%とはかなり乖離(かいり)していますが
8支部中唯一純増2社で他支部は30社ぐらいの軒並み減少をしています。
この第三支部は法人数1534社で8支部中下から2番目の小さな支部です。
しかし会員数は上から第2位の位置にいます。
トップが第一支部(中央・幸栄 青木  青木中央4地区合併)などの
駅前周辺の一番中心地に位置し854社で16社の差です。
今年度の目標は第一位の会員数を誇る支部に躍り出て
加入率・会員数・役員の優秀さ
(理事会出席に50%以下が一社のみこれは神根地区の古い役員です)
常に俺がぁーまちe-mailクラブで学ぶ会員のレベルの高さ。
まさにオール5の優等生です。因みに社団の加入率平均42.3%
目標対比減少率ー58% 第3支部は達成率6.1%増で本当に良い支部に成長しました。
今期は若き経営者の人材発掘に力を入れ良き後継者を養成します。
私たちは誇りを持って日々活動して行きましょう。

第三支部市長講演 3月3日(木)SKIP 参加者59名

 弥生三月、三寒四温のこの時期まさに寒が戻ったような寒さのこの日
 第三支部恒例の岡村市長講演会を開催、国政から市政の現状展望まで
 変わらずの名演説でありました。

 先ず法人会としてよき経営者像とは何かを参加者に問いかけ、
 渋沢栄一を例に片手にそろばん(利益)片手に論語(社会貢献)
 を挙げ法人会の社会貢献活動への感謝の言葉とともにこの街に対し
 何を寄与していくかと訴えた。

1.国政について 昨年一年まさに景況は沈む方向にあり国の内外で
  立ち往生の状況、今年は如何に日本丸を立て直すかが問われる
  (デフレ脱却、消費税問題)今革命的言葉は必要ない、
  足らない部分をいかに修正していくか現政権はいかに重要、
  重大なるものかを認識し謙虚になるべきである。
  二大政党制を目指し国会は真摯に議論する場所でなければならない。
  政治家は使命感、覚悟を見せねばならぬし今まさに平成の国難の時、
  政治には重みがあるべきで地に足つけた活動で議会の本来的機能
  (一つ一つの課題を確実に実行し成果を出していくこと)が
  大事である。
 
2.川口市の取り組み
  「教育」 昨年本市の小中高が文部科学大臣賞を受賞した。芝富士小(学校
  給食の取り組み)南中(体力作りコンテスト)県陽高校(進路指導教育)、
  これらは先生方の指導の賜物であり熱意の表れ成果である。また川口駅前
  キュポラに五十万冊所蔵の図書館の開設は市民の利用しやすい場所にあり
  昨年140万人の来館(市外から20%)今後も市民の知的文化的欲求に
  こたえていく方針である。

  「ようこそ川口キャンペーン」 スキップデジタル映画祭(7月)海外各国からの出展
  に合わせ市外からの来客も呼び込む方針、それぞれの立場を考え意義を持って
  業務に当たる。またリリアは開業20周年になり、1600万人の来館者を数え、
  昨年は県内で初めてウイーンフィル楽団を川口に招請開催市民の文化志向に
  こたえている。 

  「街づくり」 ハードより教育文化芸術などソフトの面で大きな成果前進があった。
  工都川口(ものづくりの街)として経済の下支えをしてきたことは川口の誇りであり
  カルチャーとインテリジェンスを加味した街づくりを目指している。

  「川口周辺整備」 駅力ランキング(利便性、市場性)で川口は都内23区を含め
  上位にある。市内中小企業のデフレからの脱却が急務であり緊急景気対策を
  行っている。産業の振興なくして街づくりなしという姿勢で市政を進めている。

  「3月定例市議会」 一般会計1490億、企業会計特別会計を入れて3045億
  22年比税収は法人市民税は1億の減収の状況下、民生費とくに生活保護費増が
  顕著で175億円でへいせい10年比で230%となっている。経済対策をきっちりした
  上で生活保護所帯に対し生活保護とハローワークをせっとですすめ社会復帰させる
  取り組みが必須条件である。

  「鳩ケ谷市との合併」 3月議会で可決、6月議会を経て10月11日に合併成立
  予定である。合併により行財政改革を進め、市長、議員、市職員の人件費は今後
  10年で100億円減、経費は200億円減を目指す。歴史、文化、伝統を含めた
  街づくりを目指し将来は戸田、蕨を含め政令都市が構想である。(全国19都市)

  「新年度の主な事業」 赤山城址(160年前伊奈氏の陣屋)の付近に歴史文化
  公共施設の建設、川口パーキングエリア近くにハイウエイオアシスとして地域特性に合った
  事業展開を計画中(予算100億)。 また「斎場」50万都市として人間の最終的
  福祉施設の建設、荼毘に付されるときは市民皆同じの考えで公共での提供を目標とする。

  「交通の安全」 平成18年の戸塚幼稚園児の事故を教訓に市民の安全安心の確保の
  ため川口市条例で速度規制のない道路を時速30キロ規制とする。(95路線)これは
  国にも問題提起をしていく。

 以上限られた時間の中多くの内容を分かりやすくお話しいただき参加者が満足を得られた
 講演であったのではないでしょうか。最後に相馬、金沢、加藤各会員の質問にご回答いただき
 盛会裏に終了しました。

加藤 展裄



3月3日6時よりSKIPにて参加者59人の下岡村市長を招いて
恒例の市長講演会を開催いたしました。
市長はちょっと風邪気味のようでしたがいつも通りの名調子で
現在の国政から市政の現状 展望などを話され特に
事前にお願いいたしました予算の多い民生(生活保護者)
火葬場の話にも触れて分りやすく説明されていました。
レポートは改めて加藤展裄理事より参りますが、
鳩ヶ谷市との合併のメリットなど、興味深いものがあり、
いつもながら聴講された会員の満足を得られた事と思います。
最後に相馬幹事から御礼の言葉がありその時の写真です。
彼も元気で動員には熱心に動かれ彼の努力に感謝する次第です。


バス日帰り研修会 3月6日(日) 参加者30名


3月6日SKIP前7時15分出発
7時30分グリーンセンター前にて
ピックアップして総勢30名
これ以上望めぬ好天気に恵まれ元気一杯の第3支部日帰り
バス研修会の茨城旅行でした。
途中水戸偕楽園の見物と遭遇する心配をよそに順調にバスは走り
最初の到着地天狗納豆には予定1時間も早く付き
次の酒蔵見学別春館、那珂湊港市場にも早く着いて
予定を早め買物になった。
12時にホテル春日にて鮟鱇鍋なべ舌鼓を打って休憩を取った。
その頃は市場は車で大混乱身動きが出来ぬぐらいの混雑
その一時間が生きた結果になりました。
この写真はその次のめんたいパークの記念写真
お陰さまで帰りも順調で1時間早く帰着しました。
車中研修の「税務署が来る日」相続税の徹底再現ドラマは
皆さんの身近な問題で真剣に聴講していました。
もう少し参加者が欲しかった旅行ですが無事に楽しく過ごせた事に感謝します。
幹事吉田さん 渡邊さん
ありがとうございました。


川口市長訪問   3月30日(水)


昨日3月30日10時に堀越会長 久保木女性部会長
副会長の私と市山事務局長の5人で岡村川口市長を訪問いたしました。
この震災後のこともあってロービーは
たくさんの方の順番待ちで混雑していましたが
10分ほどお時間を頂いてこの(社)川口法人会
創立30周年記念の式典でのご挨拶と
記念事業として防犯パトカーを寄贈するお願いをして参りました。
特に子ども達の防犯に繋がる事でもあり
PTA連合会で使用していただく様 目的もお願いしてまいりました。
私も3月の講師の御礼を申し上げました。
出る時に 俺がぁーまちの5月号を配信いたしましたが
読んでいただきましたとの事で
(社)川口法人会第3支部との絆を感じて
感激して帰ってまいりました


幹事報告4月予定須賀総括幹事

4月 7日 正副支部長役員会   ゆの郷18時30分
4月14日 バザールクラブ    ゆの郷
4月18日 商工会議所と合同会議 ゆの郷
4月28日 3役会議       ゆの郷 12時
5月 6日 幹事会        ゆの郷18時30分




2011年5月号

・〜・〜・
法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


2011年5月号

新年度を迎えて活動を始めました。
今回は 役員改選期にあたり5月19日の
総会を以て新人事にて新事業が執行されて行きます。予算も確定します。その頃には、
公益法人として認可され伴った運営が求められ誇りを持って活動をしてまいる所存です。
感動・共感に向けて活動しよう


公益法人とは今までは、会員にとって利益になるのか
楽しくなくては法人会ではない等の会員サービスに徹底した活動でよかったのですが、
もう一歩志しを高くして社会貢献を始めとした地域のためになる事に喜びを持てる
団体にして行くべきだと思います。
またそれだけ仲間たちのレベルも上がってきています。
いろいろな引出しを持ちながら、地域の団体との交流や共生を図り、
経営者の異業種交流として情報の交換などを通じてビジネスの活性化なども推進、
切磋琢磨した経営者を目指し、人の輪を広げ、
地域のオピニオンリーダーを目指したいと思います。
国も社会も混乱の世界に皆が行くべき指針に迷っていますが、私達は、
会議も皆が参加できる円卓会議などを使い合議制を主体に、
今こそ英知と勇気を持ってこの俺がぁーまちが果たす役割を
新年度の抱負として祈念しています。
そこに望むものは、メリットの要求でなく、感動共感した喜び
にシフトした活動を期待するものです。
この会に加入してと良かったと言う年でありますように行動しましょう。

バザールクラブ4月例会報告 4月14日 ゆの郷 26名

卯月、4月、清明を迎え天地に清浄な気が満ち溢れるとき、
春の慈雨は暖かく、大地を潤し、無数の命をはぐくむ。
しかし本年2011年はどうか。
3月11日の未曽有の東北、東日本大震災、
原発事故我々の目を耳を疑うような映像や声は我々を震撼させている。
この様な時こそ平常心で生活を企業を前進させねばならない。

4月例会は川口警察署生活安全課 伊藤豊警部補をお迎えし、
「市民が安全に生活するには」というテーマで講話を伺いました。

先ず現状から、県内における昨年度刑法犯罪の認知件数は10万6千件余り、
川口市は6331件であるが残念ながら県内一位である。
全体的には減少傾向にあるが発生件数は多い。
川口市人口51万人強で57人に一人が犯罪にあっていることになる。
交通事故を含め犯罪を受けない注意心構えが要求される。

殺人、強盗やバイクを含めた自動車盗なども起きており
又少年犯罪が増えているのも顕著である。具体例と対策を下記に記します。
1.ひったくり、自転車盗
  大事なものは肌身離さずしっかり抱える、防犯ネットは有効、
  後ろのオートバイや自転車に注意、歩きながらの携帯の使用など
2.車上狙い
  ゴルフバッグやオーディオ、カーナビなどカーセンサーやハンドルロック
  鍵のかけ忘れは特に注意
3.万引き
  近年組織的、また低年齢化(遊び感覚)の犯罪が多い。悪質化       
  しており地域ぐるみの対策が必要である
4.振り込め詐欺
  自分は被害にあわないと思っていることが危ない。被害にあった人     
  は全員が孫だと信じている。対策は家族の合言葉、お金はすぐ渡
  さない、信用しない、相手の話をうのみにしない等。

最後に早田、松島、相馬各会員から御質疑にご回答いただきましたが、
防犯に強い街づくりはやはり地域の人たちが
お互いに力を合わせていかねばならないと改めて感じた例会でした。


法人会の義援金

4月21日正副会長会議に先立ち
皆さんからご寄贈いただいた
東日本大震災に対する義援金は
当日11時までの集計865万8937円
になりました。
3時からの会議前に日本赤十字社 埼玉支部の
事業部振興課長 堀さんに手渡されました。
そこにいないと思って「どうも日本赤十字では
40%カットで被災地に行くらしい」と噂していましたが
NHKでもそんな事はないと報じていたと堀越会長が
発言後 課長から決してそんな事はないと思う
少なからずお預かりした義援金は全部
赤い羽根などの支援団体などと共同で作る
委員会に付託されてそこで協議の上
しかるべきところに配布されるとの事です。
また 全法連には(社)川口法人として別に
100万円寄贈したとの事です。


会員大会岡村市長が約束を果たす
先月6日岡村市長を招いての会員大会での講演で、
西川口駅東口の青年会議所創立20周年記念のモニュメントに
オートレースの開催の看板では平和宣言都市や新産業文化都市等と
謳いながらおかしいのではないかと意見具申した所
早速市長はそれに応えこの度の震災の被災者支援の看板に書き換えて頂きました
非常に早い対応でまた私らの意見を取り上げました、またも絆を感じうれしい事です。

幹事報告5月予定須賀総括幹事
5月6日 支部理事会議SKIP18時30分
5月12日 バザールクラブ ゆの郷
5月19日 第32回総会 リリア
5月20日 経営塾 7時SKIP
5月26日 3役会議 ゆの郷 12時
6月1日 正副支部長会議ゆの郷18時30分
東日本大地震義援金 4月21日11時現在
865万8937円21日の正副会長会議前に
日本赤十字社 埼玉支部の事業部振興課長 
堀様に手渡されました。協力ありがとうございました。

新会員紹介
建デポ   建築資材
(有)開登 屋根工事
(有)憩  ホテル
(有)川口庭苑 造園業
(有)根岸ハウス  不動産賃貸
(有)ミレニアムアクティブカンパニー不動産賃貸




2011年6月号


・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・



2011年6月号

5月19日無事に総会も終了いたしまして、
新理事も16名の皆さんがこの2年間の委嘱を受けました。
念願の公益法人の認可も間もないと思います。
社会貢献のバザール市や経営塾の申請も致しました。


自主自活の社会を求めて
新聞を読んでいても地震以来時代が大きく変化しているそんな時に
政治は陣取り合戦をして党利党略に走っていて嘆かわしい。
世界ではEUとEPAの予備交渉が進めれている。
もたもたしていると日本は世界の孤児になってしまう。
アメリカがトモダチ作戦で同盟の意義もあって支援しているが
沖縄の基地問題も進まず平和の維持できず
親日ミャンマーも中国にとられ韓国にも水をあけられる。
ホンダやソニーはハッカーのターゲットにされ
国内も復興ファンドなどやらねばならぬ問題、
世はアフター4[就業時間が5時から4時に]の企業戦略は?
脱原発からのエネルギー政策は?
経団連の衰退、放射能の心配より外へ出ない、
野菜を食べないなどのほうが健康に何倍もリスクがあるそうだ。
価値観もトレンドも変わる中私たちは手元足元を固め耳を澄ませ
頭を使い対処しなければ生きて行けない時代になって来たことを痛感する。
こんな時こそ、考え方も新たにしてこの「俺がぁーまち」では
皆で知恵を出し合い未来プログラムを創造し、自主自活の社会を目指そう。

川口市役所への軽自動車寄贈

5月19日の(社)川口法人会創立30周年記念および女性部

20周年に先立ち 記念事業として防犯パトロールカーを

川口市・鳩ヶ谷市・草加市に各1台、合計3台を

寄贈することになり昨日16日12時

川口市役所に役員揃い岡村市長に車の

贈呈式に行ってまいりました。

車はダイハツの軽自動車で黒と白ノツートンカラーで

パトカーにふさわしいデザインでかなり目立ちます

防犯に役立つと共に かわいい車は愛され

法人会の広報活動をしてもらえると期待しています。

19日は第32回の総会も合わせて開催されます

ぜひ皆さんのご参加をお待ちしています。

記念公演は 金美齢を招いて

「21世紀を迎えて 次代に伝えたい美しい日本の心」

場所がリリア 6時から開催されます。

この頃外人さんのほうがより日本の心を知るところが多く

最近の若者はと 憂いることが多いですね。


30周年記念事業式典

昨日は、ご案内のように法人会の第32回総会と30周年記念・婦人部の創立20周年

記念式典がリリアで開催されました。
総会では新しい理事役員も選出され(社)川口法人会第3支部からは15名の理事が誕生しました。
各表彰では支部からも何人かの理事が受賞しています。 
私は加入勧奨 福利厚生事業の契約と紹介でいただきました。
30周年記念功労賞では、須賀 加藤展裄
今岡各理事と私が受賞。
晴れの金バッチを付けることになります。
もっとも私は2個目でこの金バッチは日本中どこにもなく
会合があると質問され誇りに思うことがあります。
新たな年度を迎え、楽しく素晴らしい法人会になるよう
頑張って行きましょう。
記念講演の金美齢さんの話は、
忘れてしまった日本の心を取り戻すことが
今この国難を乗り越える施策であること
日本の国を誇りに思うこと感謝すことなど
金美齢氏に指摘され反省しきりであった。


バザールクラブ 5月例会報告 5月13日 ゆの郷 20名

 皐月、5月立夏(6日)を迎え天と地に明るい陽光が満ち夏の気が立ち込める。
薫風、若葉私たちに新たな季節の再生へ向かっていることを実感させてくれる。
だが震災後の不安定な状況は私たちを
悩ませていることも現実の状況である。
 5月例会は4月市議選で二期目の当選を果たされた
杉本佳代市議をお迎えし市政全般について講話をいただきました。
 先ず大震災、原発事故の影響や風評被害について、
(計画停電)工場を始め産業活動が多大な影響を受けた。
ものづくり産業の他医療現場、原材料メーカーの他街中の電気がなくては
商売が出来ない所が顕著であった。(放射能及び風評被害)特に農業、
漁業に影響が大きくホウレンソウ、ブロッコリー、お茶など又観光面でも
箱根や銚子は特に影響は大きい。風評被害は通信手段が飛躍的に
発達した現代の縮図であり、いま風評に負けずに笑顔を忘れず復興に
向け国民がすべて復興を支援する気持ちを持つこと、そして川口市としては
経済の活性化のために自分の立場で自分のできることをやっていくことが大事である。
(新井宿まちづくり協議会)地元の熱意もあり県より二千万円の予算が認められ
新井宿で花の文化展、新井宿フェスタを開催し農地、農業の活性化を目指す。
都会から集客し神根地区の散策など地域の啓もうを図る。秋にはいも掘り、
大根ほり、花植えなども楽しんでいただくなどを企画しており、日本一の花のある街づくりを目指す。
 (国民健保)国民健康保険税についての説明がありました。
国保税には所得割、資産割、均等割、平等割があり賦課限度額がせっていされている
資産割とは応能割である。国保制度は人口の高齢化や産業構造の変化などの影響を
受けやすく、現在老人加入率の増加とともに年金受給者の割合が増加しているため、
保険料負担が見直し傾向にある。病院のかかり方、自分の症状を町医者で確認し
大きい病院で検査をするなどの工夫をするることにより医療費の削減を目指し保険料の削減につなげる。
 その他杉本議員の専門の医療福祉問題や川口市歴史自然公園のお話もいただきましたが
時間の関係で増田、関根、山口、鈴木、小嶋、早田、赤田各会員の質疑にご回答いただき定刻終了しました。

神根地区世話人会 5月23日 SKIP10名

昨日雨降る中 SKIPに10人の夢追いクラブの担当理事が集まり 委員会を開催いたしました。
夢追いクラブは、新会員さんを早く馴染んでもらうためにできた会ですが、
これからは神根地区の皆さんを中心に企画し、地区の活性化を図る委員会に主旨替えを致しました
西山委員長を中心に、今後月一回の予定で開催して早く上青木地区のようなレベルまたはそれ以上な集いに
進めるように話し合われました。悩みは範囲であるために会場が少ないことです。
とりあえず第一回を6月16日に定め、そのために準備会を31日に開催されます。
上青木地区の立ち上げに非常に似ています。
新しく活動することはエネルギーが必要ですがその分新鮮な会活動がなされて良い結果を生むことが
約束されます。ぜひ頑張ってください

経営塾報告 5月20日(金)SKIPシティ4階会議室 参加者21名

平成23年5月20日の経営塾は社会保険労務士

ヒューマントレジャーサポートオフィス代表の山岡洋秋様を講師にお招きして
「小さな会社の社会保険徹底活用術」をテ−マに開催されました。
山岡講師は20年間東北電力にお勤めされていた経歴があり、
震災以降は電力に纏わる質問が多いそうです。
先ず始めに定年までの社会保険料金額を確認し、
新卒の従業員が退職まで38年間、
20万円の給与が変動しない場合に
2500万円もの社会保険料を納付する事実を確認しました。
また経営者と従業員の給与に対する意識の差
(従業員は手取額・経営者は社会保険料を含む金額)を
最初の段階で給与明細の見方を伝えることが大切と
お話いただきました。
具体的には20万円月給が定年まで変わらない場合に
『雇用保険料』『健康保険料』『厚生年金保険料』『所得税』など控除後
従業員の手取り額は169,532円
一方事業主が負担する『労災保険料』『一般拠出金』『児童手当拠出金』
『厚生年金保険料』等を含む合計金額は228,278円 
その差約6万円が経営者と従業員の給与に対する意識の差となる。
他<傷病手当金><出産手当金><高額療養費><老齢年金><遺族年金><障害年金>など
知らないと活用できない各種制度も分かりやすくお話いただき、
さらに社会保険料の節約として4・5・6月の残業代を減らすことにより
保険料を抑えることができるテクニックもお教えいただきました。
質疑応答が行われ定刻終了となりました。(赤田知之)

土曜サロン報告 5月28日(土) 15名

5月28日(土)土曜サロンが開催されました会員であります夢工房小石さんの
秘密クラブ(笑い)でもあります。
古民家を使ってのホームパーティー
何度か企画いたしましたが実現がせず3年です。
今回は小石さんのプロジュースでお任せ、
ミステリアスの部分が売り物です。
参加者は15名
『異口同音に古民家のカルチャーショックから始まり
すでに用意された料理 これから始まる何か?に期待
ゲストは中央の宮治さん。
今日の朝日新聞beのトップページのスター
早速参加者会員のガイヤ平野さんが(朝日新聞販売店経営)が
店に電話をして取り寄せ皆に配られ 改めて旬のゲストであることを知りました。
今日のメインデッシュ みやじ豚の経営者であるとともに「農家のこせがれネットワーク」代表です。
隣の女性は藤さん タロット占いを会員の運勢を見ていただき個人カウンセリングを楽しみました。
さて献立はそれぞれ説明がなされお店にない創作料理の目に訴える楽しさ
みやじ豚を生かした料理を堪能 特に自慢の回転オーブンで焼く柔らかな肉は逸品
またやってくださいの参加者の要望を残して解散。
また三年後か?不参加者に悔いの残る会でしょう。数が合わない?2次会を急ぐ人がいてね約3名

上根地区役員会報告

昨日 神根地区の役員会が開催されました。今回は 夢追いクラブの担当として6月16日に
西川口の竹もとを決定。
今回の目的は神根地区の新会員を招き、20名ぐらいの員数での
企画となった。続いて加入勧奨の話にもテーマが移り
毎月第2水曜日に役員会を開催
地区の活性化に焦点を当てることになった
この勢いは 上青木地区の活動初期をと重なり懐かく思いだす。
西山地区長を中心に新たなスタッフで臨む
この役員会に大いに期待したい。
バザールクラブの上青木 ビジネスクラブと
土曜サロンは両地区 そして夢追いクラブは
この神根地区とすみわけをしながら互いに切磋琢磨して
(社)川口法人会第3支部は更なる発展につながるのなるのではないでしょうか。


幹事報告6月予定須賀総括幹事

6月 1日 正副支部長会議ゆの郷18時30分
6月 9日 バザールクラブ ゆの郷
6月16日 夢追いクラブ
6月30日 3役会議 ゆの郷 12時




<<< 2011年 >>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12



2011年7月号

・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


2011年7月号



バザールクラブ6月例会報告 6月9日 ゆの郷  21名

 水無月、6月。季節は芒種を迎え例年より早く梅雨入りし、蒸し暑さを感じるこの日今月例会は中国人の
丁 セイ(Ding Jing)先生に講話をお願いしました。
丁先生は北京の出身、大学卒業後1992年来日、独協大学卒業、職業は企業人
(伊藤忠、三菱商事、日本航空など)への中国語指導、中国人留学生研修生に対する日本語指導の他
翻訳等も行っています。川口在住。 
 先ず大震災後の原発放射能事故について放射能の生活への影響子供の学校問題に触れ、
ご自身心の揺れがあったようで、北京に2度戻り北京の学校事情、生活事情を確認して来られたようですが
来日19年の経験を踏まえ日本人の気質に触れて最終的に日本での生活を決断したようです。
 講話では主に中国、日本の教育姿勢についてお話を伺いました。
1・教育投資 中国では一人っ子政策を背景に子供に対する教育熱
(特に北京上海などの都市部)が高い。生活レベルを落としても
教育に惜しみなく費やす家庭が多い。
一般的家庭の共働き夫婦の月収は5万円、
そのうち半分は教育費に費やす。
日本ではお金に余裕なく公立校中心に大学まで進学させる。(約45%)

2・日中教育の違い 運動会を例にとり説明があった。
中国では走力、跳躍、肩の強さなど得意分野がある子供が各種目に出場、
得意分野のない子供は出場機会が少なくなる。
一方日本では集団で取り組む種目がたくさんある。
リレーなどチーム対抗で勝負を競ったり
人間ピラミッドなど子供たちの忍耐力、
心を一つにする協力が求められる。
「集団での取り組み」が日本の運動会の特徴である。
自己中心の考え、仲間意識、責任感など子供たちが
社会人になってからの人生に大きな影響が出てくることを懸念している。

3・親の見栄 都市部、農村部など地域によって貧富の差が大きい。
地域の公立学校は貧しい階層の代名詞になっているし、学校側は不満なら金持ち階層の学校を勧める。
国策の問題であるし教育方法、親権者、社会等が大きく影響してくる。
又、学校に於いては学力レベルを競うのは勿論であるが、住宅や親の職業、収入、
車の有無やメーカー車種までも競っている。日本では学校生活では考えられない現実がある。
将来の心配がそこにある。
中国では「樹木は10年、人間は100年」という言葉がある。その意味は(人間形成はとりわけ時間がかかる。
人間の教育、価値観、センスなどは一朝一夕に出来るものではない。
それ故子どもの教育は極めて重要な問題である。)一国の未来像を描くとき、
日本は純粋な国であると思っている。子供は親のおもちゃでないし、
親が社会が責任を持って育てなくてはいけない。苦労、困難にチャレンジする勇気を植え付け
信念を持って育てることが大事である。

4・親の趣味 中国の親の人たちは趣味の話が多い。特に子育てを楽しみにしている。
中国の大学を出て海外の留学を目標にする。給料の全てを奉仕してもよいと考える親も多い。
日本人の親はそのようには考えない。家庭子供以外に楽しく自分の人生を送ろうとしている。
中国人と日本人は同じ祖先とみられ、文化も非常に似ているが学校教育の違い、
国民の資質、子供の気質が全く違っています
以上丁先生から 短時間に中身の濃いお話を伺いましたが、
最後に早田、海老原、相馬、小嶋、加藤各会員からの質疑にご回答いただき
定刻過ぎ終了しました。

加藤 展裄記     

夢追いクラブ6月例会報告  6月16日(木)14名

昨夜16日夢追いクラブが開催されました。
神根地区役員が初めて行う事業として
目的はここ2・3年に神根地区に入会した会員を
呼びかけて親睦をを図ることで
役員10名の外 総勢17名の登録を頂きましたが
雨の中、3名の無断欠席の結果で人間関係の希薄さを
感じましたが中身は若い役員の方々のチームワークと
竹もとのおいしい料理 飲み放題の安心感で
大いに盛り上がりこの先の楽しい将来を
占うことが出来ました。
地区の広さからどうしても駅前の利便性で
上青木と違った会場設定が今後されると思います。
楽しかったです。

幹事報告7月予定 須賀総括幹事

7月 7日 バザール市実行委員会 18時30分ゆの郷
7月13日 神根地区役員会 19時 神根西公民館
7月14日 バザールクラブ 12時ゆの郷 講師木岡たかし市会議員
7月22日 経営塾 SKIP 講師寺原きよみ氏
7月28日 3役会議 ゆの郷
7月30日 土曜サロン予定
8月 4日 幹事会




2011年8月号

・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


2011年8月号

7月6日(水)パソコンクラブ ゆの郷 12名

昨日スマートフォンの勉強会を
12名の参加の下ゆの郷で開催されました。
楽しい大人のおもちゃから便利グッズ、ネット時代の端末器
携帯電話の最先端など果たす役は多い。
今私が提案するのは会員間のコミニケーションツール
として活用したいことです。
世界中只で通信や会話が出来るスカイブ
新しいバイパーなどさらにブックフェイスやツイッター
便利な45万にも及ぶアプリ 何を言ってるのか
解らない方もいらっやるかもしれませんが
スマートフォンやパットに触れる勉強会でした。
今後そのアプリやコンピュータ環境など合わせて
既存のパソコンクラブを充実して行けたらと思っています。

7月7日(木)バザール市実行委員会 ゆの郷 17名


昨日ゆの郷にて、第一回バザール市実行委員会が17名の委員が参加して開催されました。
(社)川口法人会第3支部の社会貢献運動の一環として
第3回目を迎えるバザール市ですが、
昨年も大成功の裡に終了いたし
今年もそれ以上の成果を収めたいと思っています。
日程は 11月13日同じくSKIPのプロムナードにて
社団の『税の絵葉書コンクール表彰式」と併催です。
新しい地域のお祭りを創造するため
今年も実行委員長に増田理事が引き続いて就任して満を持します。
どうぞ皆様にもご協力とご支援をお願いいたします。

7月13日(水)神根地区世話人会 上根西公民館 9名
昨日 神根地区地区の世話人会が
上根西公民館で7時から私を含めて9人で開催された。
この会は若い役員で構成され昨日も熱心に協議された。
加入勧奨に向けて今月は27日に3手に分かれて
キャラバンを組むことが決定された。
社会貢献運動は 10月の新井宿駅前のお祭りに合わせて
被災地(宮古市)の物産展のブースを設置
支援する企画を提出する事になった。
10月の夢追いクラブの担当は
日帰り研修会を企画する、会員間の懇親を図る
夢追いクラブとしての委員会目的を実行する予定
次月は8月10日 世話人ももう少し増やすことを
確認して8時過ぎに終了した。絶対伸びるよこの会は期待しています。

7月7日(木)バザールクラブ7月例会 ゆの郷 14名

文月(ふみづき)7月、例年より10日以上早く梅雨が明け
まさに夏の陽射し、この様な7月は黄色月というようですが
酷暑の本格的な夏を迎えようとするこの日、
今月例会は川口市議会議員(無所属)
木岡 崇(きおかたかし)氏を迎え
「ここを変えたい、議会と若い世代の発想」のテーマで熱い、
打てば響くような講話を伺いました。
 木岡さんは阪神淡路大震災のボランティアに参加し、
「困った立場にある人たちと一緒に頑張る存在になりたい」という
考えが政治家を目指す原点になったとのこと、
共産党参議院議員の公設秘書、民間企業への就職を経て
H19年共産党より市議初当選、その後離党、
そして4月の市議選は無所属で2期目の当選を果たす。
現在「川口みらい」に会派所属、議論することの大切さ、
発想の転換を若い世代の人たちにアピールし市民意識の改革を目指している。
 講話ではバブル崩壊で日本の政治が取り残されたこと,
政官業のなれ合いにより産業構造の転換がが遅れ、
「財政出動で内需刺激で景気回復」という
古い発想から脱却できず人口減少、市場の縮小、企業の海外進出、税収減を招いてきた。
特に国内経済の縮小は社会保障費の増額や年収の低下を増進させてきた。
 従来の経済に引っ張られての政治から経済を引っ張っていく政治にが目標であり、
特に若い世代の人たちにはハングリー精神の欠如が見える、
この状況では現状維持も難しい。自から思考する教育の転換が急務である。又、先に行われた県議選、
市議選の結果を見ても投票率の低下が10年以上にわたり顕著である。
お任せ民主主義jから脱却し市民意識を高めていかねばならない。
木岡さんは「自分がいくら税金を払い、どう使われているかはっきり分かる仕組みを作っていきたい」と
強く意識しているようです。
 市議会改革では「議会の見える化」を提示し、結論ありきや緊張なき一般質問でなく党派、
会派にとらわれない自由闊達な議会にしたいと考えを述べられた。
又現在大きな問題となっている原発事故による放射線量の被曝限度の暫定基準についてもお話があり、
川口市としてきめ細かな線量の測定、さらに高い放射線量が検出された場合の対応や
高線量となった場所への立ち入り制限についても緊急に対処を求めているようです。
限られた時間の中、まさに熱く市政への思いをお話しいただきましたが
最後に須賀、増田、相馬、武富、福田、小嶋各会員の質疑にご回答いただき定刻終了しました。

加藤 展裄記


7月21日(木) 埼玉県法人会連合会理事会

新任の浦和税務署長のあいさつです。
20日県法連の理事会に出席しました。
各法人会から選ばれた理事で川口は4名
41名の理事により構成されています。
6委員会 2部会からの報告で始終します。
必ず問題になるのは会員の減少で
広報活動に力を入れています。役員一人一社獲得運動
1000のキャンペーンを張っています。
また異業種交流などの推進を進めています。
公益法人申請も話題ですが 現在16法人会が認定されています
申請第一号の川口はまだ認可されておりません 埼玉では
浦和法人会が6月22日認可が下りました。
川口は今月に期待しています。会員サービスとして
8月29日より企業情報・格付け情報照会サービスなど
取引先の信用調査が会員は一照会2100円で受けられますので
経費節減メリットになります。

7月22日 公益法人の移行認定に向けて

念願であった川口法人会に7月22日公益法人が移行されます。
奇しくも私の誕生日であった。
前日の常任理事会でも明日こその期待に会議は進められ
翌日朝、吉報はもたらされたのです。
思えば全国一番で平成22年6月22日に提出
そして1年1か月17番目の認可法人会予定です。
これから9月1日の予定で設立登記に向けて準備いたします。
今後公益法人という金の看板を背負っての活動になります。
皆さんと誇りを持って活躍いたしましょう。
さらに 今月 第三支部は8支部の会員数1位になりました。
2番目に小さな支部がトップに立った事も
皆様のご支援のおかげです。さらに減少著しい会員数が
純増6社の輝かしき功績です。やったという心境です。

経営塾報告 7月22日(金)SKIPシティ4階会議室 18名


平成23年7月22日の経営塾は株式会社クレッシェンド
代表取締役で人事コンサルタントの
寺原きよみ様を講師にお招きして
「SNS(ソーシャルネットワークサービス)
でビジネスを変える」をテ−マに開催されました。
<代表的なソーシャル・ネットワーキング・サービスとして、
日本最大の会員数を持つmixi、モバイル向けのGREE、モバゲータウン
海外では世界最大の会員数を持つFacebook、
それに次ぐMyspaceなどがある。>*出典ウィキペディアより
今回は講師自ら参加しているFacebookの体験を元に
SNSとビジネスの繋がりをお話いただきました。
昨年末より始められ、わずか半年にして読者登録数が4400人超。
現在はFacebookより進入社員研修・個人相談・出版など
多数のビジネスに結びついており、今後さらに取引数増加の見込み。
自ら顔を出しやり取りするため、リアリティーのあるやり取りが可能となる。
仲間を増やしやり取りの回数が増えるほど信頼度が上がり、
アクティブ会員を対象に個別相談やセミナーの告知を行いビジネスへと繋ぐ。
反面、何処で誰が見ているか分からないため行動を監視されるリスクがある。
近年では税務署もブログの内容をチェックするようになっており、
記事によっては自らの首を絞める結果となる事もある。
SNSを企業で取り組むにあたって、業種により向き不向きがあり、
サービス業は適しているが製造業は多くの効果は難しいとの事でした。
コツは毎日時間を決て継続的にやり取りをする事。
上手に使いこなせば企業にとって強力なツールとなるとお話いただきました。
質疑応答が行われ定刻終了となりました。(赤田知之)

幹事報告8・9月予定   須賀総括幹事
8月 4日 バザール市実行委員会 6時30分
8月19日 ビジネスクラブ
8月25日 暑気払い会員大会 ゆの郷
8月29日 3役会議 ゆの郷 12時

9月 1日 正副支部長会議
9月 8日 バザールクラブ
9月16日 経営塾
9月24日 土曜サロン
9月29日 3役会議

新会員紹介敬称略
(有)冨永ナーセリー(有)村田工務店 (有)工房 坤 
(株)ヤマツ蜑ョ (株)横田電気 (株)岡田庭苑
川和聖一 あづま鮨 千寿司 東武観光川口支店
高野製作所 持木宏 ラーメンとん太 増田幹夫
フラワーショップことぶき 
テラーインダストリー(有)




2011年9月号


・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・



2011年9月号


8月19日(金)ビジネスクラブ 企業訪問 10名

今月のビジネスクラブは3年前に赤羽より引っ越され、
今年1月に入会されたsid株式会社 
代表取締役 清水社長の「我が経営を語る」でした。
工場近くのショールームにて製品を紹介されながら、
真空注型機において自動車メーカーは国内問わず取引があり、
3カ月前からは大手国内電機メーカーと
取引が始まったそうです。生産拠点は中国上海で、
sid上海スタッフが品質管理と工程管理を行うことにより
日本の品質と中国の価格を実現している。
また海外で自社の製品をコピーされた企業を訴えるのではなく、
逆に手を組むという逆転の発想、
今後は食品を冷やす機械を開発中とのことでした。
また全く違う分野の婦人靴を1足(サイズ23.5センチ限定)
80万円で売り出しを計画しており、
売れなくても会社のPRになればと考えているとのこと。
後継者については親族関係でなく、今いる30代の優秀な3人に任せており、
最終的に中から一人選ばれるそうです。早速 その3人の行ったことがリストラで、
人員を削減しても売上が減少しなかったそうです。
その後 工場見学をさせてもらい、まず驚いたのは製造業とは思えないほどの清潔さ、
まるで食品工場を見学しているようでした。
そしてもっと驚いたのは価格、いくら中国で生産しているとはいえ、
これでは国内の製造業の空洞化は仕方がないなと痛感させされました。
最後に 「このようなご時勢ですが、諦めずに前向きに生きていくことと、
マレーシアや中国へ進出するのならば一声かけて下さい。」と締められました。

8月25日(木)暑気払い会員大会  ゆの郷 40名

楽しみにしていた暑気払いが、ゆの郷にて開催されました。
参加者40名で、お座敷の関係で丁度いい加減で非常に
楽しい和やかな暑気払いになりました。
ゲストには、埼玉テレビ歌謡最前線で、
司会と歌手としてレギュラー出演の
澤金次郎さんで、さすが10年選手
歌がうまく、会場を楽しくされました。
この会員大会の企画プロジュースしたのが
赤田理事で準備万端よくできていました。
出来たらあと10人ぐらいの参加者がほしかったですね。
終えてから 関係者が反省会と称して
11時過ぎまで何の反省かわかりませんが
別室での見直しました。そこに乾杯要員として招かれた私。
最後まで付き合いました。でも頼もしい仲間です。

公益社団法人への移行認定


社団の前に公益が付くことになります。

8月26日埼玉県公益法人認定等審議会が開催され
(社)川口法人会が公益法人への移行認定が答申され9月中旬に認定書が
交付されることになりました。
10月3日に「社団法人川口法人会」の解散登記[公益社団法人川口法人会]が
誕生することになります。
日本で一番に申請して長い道のりでしたがいよいよ認可取得することになりました。
何がメリットで何がデメリットか、先日届いた友好法人会館山法人会の機関紙でも
その程度の取り上しかしていないようです。
他の友好法人会からも、今まで注目を浴び連絡するたびに状況を聞かれていましたが
やっと実現化したことになります。
これからの活動はその分厳しくなることまありますが誇りを持って行動しましょう。




2011年10月号

・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・

2011年10月号
実りの秋を感じるころになりました。
俺がぁーまちの活動も充実した事業が
これから予定されています是非皆さんのご協力で成功したいと思っています。


社会貢献運動 バザール市と新井宿フェスタ&経営塾
  私たちの活動に欠かせない事業として社会貢献があります。
  今年度は3件の社会貢献事業を行っています。

1 経営塾 経営のセミナーとして年6回のカリキュラムに沿って
経営塾を一般公開で開催しています。
今後は10月1月3月の毎第3金曜日に開催されます。

2 新井宿フェスタ 10月23日10時新井宿駅ほか
全10会場で実施 第3支部も第2会場にブースを設け法人会のPR活動
・被災地復興支援活動・こどもたちの金管クラブ演奏などの後援を致します。

3 バザール市開催 11月13日11時開催
第3回目になりますバザール市はスキップシティー広場にて
昨年以上の充実したお祭りを創作いたします。
本来のバザール市の原点に返って市民参加型のバザールを実現するためにはどうするか
熱心に実行委員会は策を練っています。一番の変化は会員と一般市民で作るグルメブースで
B級グルメ以上の質を重視した模擬店コーナーが設けられます。
小・中・高校参加のブラスバンドや太鼓の競演、
被災者支援・高齢化支援の社会貢献も盛り込まれ
昨年とは一味も違う演出がなされます。
ぜひ皆さんのご支援をお願いいたします。

夢追いクラブディナー研修会のご案内

俺がぁーまちの目的には人生を楽しみ会員間の親睦もございます。
10月26日バスを仕立てて新宿の夜を楽しむ飲茶(ヤムチャ)のディナーを実施いたします。
ご夫婦おそろいでご参加ください。
ビジネスクラブの活性化 コラボの会の充実
異業種交流を目指すコラボの会では会員の職業の紹介とお手伝いを致します。
ホームページも充実され、人生を楽しむためにグルメの紹介記事も掲載いたします。
俺がぁーまちe-mailクラブの登録が必要です。

9月6日(火)バザール市実行委員会  ゆの郷 15名

6日雨降る中 6時30分よりゆの郷で11月13日の開催する社会貢献事業
バザール市に第3回実行委員会が開催され
実行委員長増田理事の下15名の実行委員が集まり
熱く熱心に会議がされました。
いつも思うのだがこの実行委員会は
毎年チームワークが良くよくここまで
まとまるものだと思います
終えて呑む美酒に酔いたいのか
社会貢献に燃えるのか志を同じゅうする者良く
結ばれると言われ良き仲間です。
出店者 タイムスケジュールなどの大枠が
決まり次回の10月6日には予算組も発表され
あとは11月の実行日に向けてダッシュ
お天気が気になることですがそこはお天気男の私の責任です
第一回は天気予報を無効にする天気を呼び寄せました
実績があります。


9月8日(木)バザールクラブ9月例会報告 日本料理「ふじ」 21名


 長月(ながつき)9月、強く照りつけていた陽射しもだんだんと穏やかになり、
ほほをなでる風にも涼しさを感じるようになる夏の終わりの時であるが
今年はまさに異常気象、残暑厳しい中今月例会は会場を東内野の
日本料理「ふじ」に移しおいしい料理をいただきながら開催しました。
今回は西山副支部長の紹介で斎藤記念病院 斉藤 卓院長を
お招きし経営者の天敵「メタボ」についてその対策と上手な
病院のかかり方についてお話しいただきました。

 1.健康で長生きを目指す

    アンチ高加齢医療 −−人間の身体はストレスが一番怖い
    酒タバコよりストレスを減らすこと、
    ストレスをいかにコントロールするかが大切である。
    見る聞く話すについてストレスにかからないようにすると寿命
    が20年は伸びる。

 2.生活習慣病

    日常生活に於いて高血圧、糖、脳、心臓などをコントロール
    していくことを念頭に生活することが望ましい。特に塩分を抑えることは特に大事である。

 3.食生活

    食事が待ち遠しい、お腹がすいて朝起きるなどは理想の姿である。
    タンパク質と糖分は十分に取る、コレステロールに注意、味噌汁
    (具は豆腐、油揚げ、野菜、しじみなど)は理にかなっている。
    カフェオレ(マグカップ1杯)、カステラやバームクーヘンもおなかの動きを活発にさせる。
    昼食 毎日同じ時間帯に採る(2時まで)朝食、昼食はお腹いっぱいOK
    夜食 夕方7時以降の食事はストレスになる。
    なるべく6時台に食事をすませる。最悪9時までに終了し7分目にする。
    お酒、炭水化物は控え、野菜は取るようにする。 タンメン、味噌煮込みうどんなどは夜食によい。
    肉より魚がよい、また好き嫌いなくなるべく多品種をバランス良く食べることが大事です。

 4.上手な病院のかかり方

    身近に相談のできる先生を持つ(かかりつけ)事によりその先生は微妙な変化に気づく事が多い。
    特に上目線にならない先生を選ぶことで信頼関係が生まれる。

 以上が斉藤先生からのお話の抜粋ですが終始明るく楽しくユーモアに溢れたお話で
 聴く者を楽しませていただきました。

 最後に相馬、 福田、森田、緑川、今岡各会員からの質疑に丁寧にご回答いただき定刻終了しました。
 加藤 展裄記


9月16日(金) 経営塾報告 SKIPシティ4階会議室 参加15名

平成23年9月16日の経営塾は、ティー・アイFP事務所代表の池田孝行様を講師にお招きして
「銀行融資の審査のポイント」をテーマに開催されました。
今回は、講師自らの銀行員だった経験を元にお話をしていただきました。
金融機関から見る審査のポイントはいくつかあるそうです。
融資判断は“担保重視”から“格付け重視”へ変わってきており、
その格付けとは何かまた何を基準に格付けをしているのか、
いくつかのポイントをお話をしていただきました。
決算書の何処を見ているのか、たとえ決算書上はプラス収支でも、
金融機関から見るとマイナス収支になってしまうケースがあり
融資を受けにくくなってしまうそうです。次に“正常先”の条件は、
自己資本がプラス&欠損金なしでの黒字の会社であること。
さらに口頭で事業計画などを話しても意味がなく、
実現性の高い事業計画書の作成が不可欠だということです。
このように、いくつかのポイントを経営者の方は注意をしなければ、
上手に融資を受けることができないとお話をしていただきました。
質疑応答が行われ定刻終了となりました。(渡邉恒治)


9月24日(土)土曜サロンとただ友ビジネスリンク設立 参加 ゆの郷11名


ビジネスの活性化と会員交流を目指す「ただ友ビジネスリンク」
では、ソフトバンクの携帯電話の電話料金フリーを活用して
会員間のいつでもどこでも電話でつなぐネットワーク作り
を進めていました。今回の土曜サロンは、
堀越会長をゲストに招き発起人会もかねて開催され
和やかに楽しい例会でした。
相馬理事の気仙沼被災地支援の報告もあり
18時30分開始から20時30分に締めたがその後
22時ぐらいまで盛り上がり遅くなってしまった。
今後もコンピュータネット・電話ネットとインフラ整備を進めてまいります。
写真の相馬理事は 資料つくりに追われて記念写真時に間に合わず
写真を合成いたしました。


幹事報告10・11月予定須賀総括幹事

10月 3日    評議会 ゆの郷時30分
10月 7日    バザール市実行委員会 6時30分
10月11日    神根地区世話人会
10月14日    バザールクラブゆの郷12時
10月21日    経営塾 19時SKIP
10月22日    駅前美化運動
10月23日    新井宿フェスタ 10時新井駅周辺
10月26日    夢追いクラブディナー研修会17時45分
10月28日    3役会議 ゆの郷 12時
11月 4日    正副支部長会議
11月 9日    神根地区世話人会
11月10日    バザールクラブ
11月13日    バザール市SKIP 11時より
11月18日    ビジネスクラブ
11月24〜25日 役員一泊研修会 
11月26日    土曜サロン11時 コーヒ-パティー
11月30日    3役会議
12月 1日    会員大会 忘年会


新会員紹介敬称略
増田幹夫 オガタ工務店   (有)武幸商事
セレモニーボーベン     (有)野川切断所
リユース・ビズテック(株) (有)ポリマーホーム




2011年11月号

・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


2011年11月号


10月14日  バザールクラブ10月例会報告   ゆの郷 15名

 10月、神無月。秋は透き通った抜けるような青空を創造する。
 日本中の子供たちが心おきなく外で遊べる日が一日でも早く来る
 ように願っている日々である。
 今月例会は市議会議員 立石康広氏(元議長、現自民党議員団長)に
 講話をお願いしました。全国市議長会が青森で開催され
 前日に帰ったばかり、ご多忙の中今回二回目の講話で感謝をしながら拝聴しました。
 今回は格差社会の是非が問われている状況下、
 特に日本の貧困問題、川口の生活保護費受給問題、無縁社会ホームレス、ハウスレス
 などの問題を中心にお話を伺いました。

 1.日本の貧困状況

   貧困率(収入9万円以下の所帯)16%
   (OECD加盟30か国中4位)、
   国民の6.5人 2005万人が貧困、ひとり親多く
   ひとり親の就職率約85%(ワーキングプア化)、
   全国の生活保 護の状況は10年前に比べ受給世帯1.8倍、
   受給者数約200万人、
   日本は生活保護がセーフティネットになっている。

 2.川口の生活保護

   本年統計で10年前に比べ受給世帯数約6800(2.7倍)
   受給者約9600人(2.7倍)、一般会計予算14897億
   (10年前とほぼ同額)に対し生活保護予算は174億と
   ほぼ2倍になっているのが現況です。

 3.ソーシャルインクルージョン(社会的包容力)

    あ) ホームレスの人達を社会として包み込んでいく考え方、
    い) 社会生活になじませ生活支援を行っていく、
    う) 年金(一人6万円)と生活保護(一人12万円)のギャップ是正、
    公園清掃など働ける場所を提供。
    人は支えあって生きていくことの実践・・・
    生活でき自立できるように支援する組織の確立が望まれる。
    また行政、民間で話し合い市が関与し、社会全体で支えていくことが重要である。
    その他に無縁社会やホームレスとハウスレスの違いや
    社会の取り組みを内外の事例を交えてお話しいただきました。
    今後生活保護法の改革が必要であるし鳩ケ谷の川口市への合併を機に
    一体感を持って公共の担い手として努力していくと力強く話された。
    最後に相馬、小嶋、須賀、竹田各会員の質疑にご回答いただき定刻終了しました。

    加藤展裄


10月21日(金)経営塾報告 上青木公民館会議室2号 参加者20名


10月の経営塾は、コーチングアカデミー東京校校長の橋本隆様を講師にお招きして
「あなたの中にある答えを導きます」をテーマに、質問力向上のセミナーが開催されました。
先ず最初に質問は大きく4つに分かれ、段階により性質が異なる事をお話されました。
1.挨拶(元気?)2.質問(ご飯どうする?)3.疑問(どういうこと?)
4.尋問(納期守ってくれるんだろうな)
今回の講義は2番の質問を中心に、3人一組で質問力向上のロールプレイングを行いました。
質問力はa.質問を作る力とb.帰ってくる言葉を聴く力のセットで出来ています。
a.の力を増す方法は質問に答えること、b.の力を増すには「へ」「ほ」「ん」を使うこと。
「へ〜」「ほうほう」「うんうん」など相手の話しやすい相槌をし、安心して話せる
人・最後まで聴いてくれる人・可能性を信じてくれる人になりきることが大事と教わりました。
小雨の落ちる中、若干涼しい日でしたが満員の会場は熱気にあふれ、参加者それぞれ
に「気づき」というお土産を持って帰りました。
質疑応答が行われ盛会のうちに終了となりました。(赤田知之)


10月23日(日)新井宿フェスタ社気貢献活動


社会貢献の新井宿フェスタに第3支部として
ブースを設け法人会のPRバザール市の
PRをするとともに気仙沼の被災地から
Tシャツとふかひれスープを販売いたしました
場所は新井宿駅のそばで第2会場
ステージは設けられ一番人手の集まる最前列に頂き
ステージの目立つところに川口法人会神根支部にて
ネームプレートが張り付けられました。
幸いに朝から天気に恵まれたくさんの人が訪れ
賑わいました。バザール市の前哨戦
設営されたステージにたくさんの出場者が登壇
ハワイアン 子供の踊り フラダンス
金管バンド 手品など終日続けられ 
ベストポイントにある法人会のブースにたくさんの
お客やメンバーも寄ってもらいにぎやかな

活気ある社会貢献が出来ました。
ふかひれスープ 黒のTシャツも完売
白のTシャツは少し残こりましたが
すっかり日に焼け真っ黒になりました。












10月26日(水)夢追いクラブディナーバスツアー  18名

26日夢追いクラブ主催のバスグルメツアーが
SKIP前18時集合で開催され
18人の参加者の下 渡邉支部理事が用意した
マイクロバスで一路新宿駅にあるルミネに向かい
今回の飲茶を食べるツアーを始動しました。
皆久しぶりに見る新宿駅の変貌に驚かれたようで
かく言う私も刺激を受けたまには東京見物もいいものだと
思いました。お店のある9階はここが日本かと
思うような雑然とした各料理店が並び内の
九龍点心に席を設けました。
食べ放題 飲み放題の幸せ感と 回ってくる
ワゴンからそれぞれが好みに合わせて注文して
楽しく和やかに会食を終えました。
元気な相馬さん 新たに関根さんという
ムードメーカーがリードしてバスの中も盛り上がり
食べる事 飲むことバス旅行に会員相互の
懇親の輪が広がったと思います。




2011年12月号


・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・



2011年12月・2012年1月号
新しい年を迎える月と新春とにまたがる発行になりました。
公益法人も認可となり、気持ちも新たに活動する(公社)川口法人会第3支部です。
お陰様で新井宿フェスタもバザール市も成功裏に終了いたしました。
新しい年を迎えるに当たり是非皆さんのご支援ご協力をお願いします。


加入勧奨は順調に進み50社を超え会員数も純増です
2つの大きな社会貢献運動が無事に成功して、
内部充実を図ることで加入勧奨に力を入れています。
キャラバンを組んだり会員の皆さんに紹介を頂き
お陰様で11月の20日現在で50社を超す勢いでです。
どこの会も会員の減少に悩む中増加を辿り
順調に活性化が進んでいることは感謝に堪えません。
加入頂いた大きなポイントに俺がぁーまちe-mailクラブがありまして、
加入時には全員の登録を頂き連絡網が確立され内部充実も進んでいますが、
旧会員の皆様には徹底していない状況で、会員訪問をしながら順次勧誘をしています。
1000社に近い会員数がこれからどのような社会貢献やビジネスの交流さらに親睦と
この俺がぁーまちが果たす役割は大きなものです。

アカデミークラブの開設
今後新しく加入された会員の事業や例会への参加を図るために、
アカデミークラブを提案いたしました。
どの会員においても若い会員が積極的に参加して新たな展開を期待するものがあります。
新旧交代が望ましいと思われますが、
人には旧と称するものがあってはなりません、間口を広げながら、
どこでもだれでも参加できる委員会や事業が望まれるのではないでしょうか。
このアカデミークラブはその期待に応えて次代を担う新しい若い会員さんに、
俺がぁーまちが進める地域の活性化、ビジネスの活性化、
生き甲斐の創造の3本の柱を理解発展させるために、
育成を図る会にして行きたいと思っています。現実に
若い人が台頭してきています。新たな提案に期待
新しい年が良い年であることを祈念いたします。

11月13日(日)スキップシティ バザール市

当日は良い天気に恵まれ 積み重ねてきた
実行委員会の下 7時から集合して
増田実行委員長の指揮で
きびきびとしたテントつくりに35名を超す
人々が集い次々と組み上げて
9時にはいつでも開かれるような
バザール会場が出来上がった。
11時オープン前にはどんどんと来場者が
集まり盛大なスタートになった。
この写真は10時前に撮った集合写真です
いつもながら仲間の結束絆の下に
この第3支部は活動して行く
お陰様で来場者が切れることなく
成功裏に3時閉会に移り
撤収が開始され暗くなった6時ころ
流れ解散になった。
いつも私はいい仲間に恵まれ万歳と喝采したい。


バザール市当時の様子入口(おらがまち地域情報サイト内)


11月19日(土)土曜サロン コーヒー教室 ムッシュ 8名

土曜サロンが19日コーヒー教室として
川口駅前の「ムッシュ」で募集人員8名で開催された。
当日は雨 きゅ・ぽらの広場を見渡しながら
11時から河村講師の1珈琲の歴史と
現状2珈琲とは3ご家庭で4珈琲のいれかたなど
饒舌なスピーチを聞きながら第5部の実際の飲み比べを
してみた。
7種のコーヒーは香・味の重さや軽・フルーティーな味など
説明を聞きながらさらに実際に参加者が
実践して体験する時間をとり十分楽しんだ。
珈琲をおいしく頂く3つとはコーヒーミル(豆を挽く)を使う事
良い水天然アルプスが今一番合うそうです。
やはり新鮮な豆による 私が好きになったブルーマウンテンは
日本でしか飲めず他の豆の5倍はする高級なコーヒーだそうで
マンヂリン100gとブルーマウンテン20グラムをお土産にもらってくる
8人で楽しいひと時を過ごせ それぞれに道の深さを知る
おかげ一日中体にも 車の居間もコーヒーの香りに包まれ
素晴らしい休日であった。

11月22日(火)ビジネスクラブ 商工会議所センタービル 30名


ビジネスクラブが商工会議所の会議室にて開催され30名の出席の下
今回の講師は『我が経営を語る』と言う事で
会員のリユース・ビズテック(株)の永野智美専務
の卓話を頂き、レアメタル・レアエースの回収・再生の企業の内容
しっかりとした経営姿勢に
出席した会員は感銘を受けていました。
内容についてはレポートが届きますが
自信を持って語る経営論に、明日への発展を期すものを感じました、
忙しい中にも関わらず社会貢献に対する思いも感じられこれが
本物の経営者であります。
終えて「江南春」で懇親会がもたれ
25名の会員により和やかな交流会になりました。
今回新たに参加された会員も多くアカデミークラブとして
次世代を担う会員が誕生する手ごたえを感じる一夜でした。

我が経営を語る 永野会員

11月22日(火)川口センタービル7階商工会議所会議室 参加30名
 平成23年11月22日のビジネスクラブは、リユース・ビズテック株式会社の
専務取締役永野智実様を講師にお招きして「我が経営を語る」をテーマに開催されました。
 今回は、講師の会社の仕事についてと従業員改革についてお話をいただきました。
リユース・ビズテック様では、資源の少ないといわれている日本の未来のために、
国内循環型リサイクルを行っております。皆様もご存知の方もいると思いますが、
昨年に尖閣諸島沖で起きた中国漁船の衝突問題で話題になりましたが
レアアース・レアメタルが日本に入らなくなり物作りをしているところは
大変困ったということでした。こうした問題をリサイクルを
利用し解決していけるそうです。ただここで問題なのが、リサイクルされた商品を
買うところはたくさんあるそうなのですが、仕入先が不足しているということです。
仕入先はどこかというと、各会社様や個人のお宅などに眠っている、また
捨て場所に困って使わなくなったパソコン・液晶テレビ・携帯電話などを買い取って
くれるそうです。
気になった方は是非リユース・ビズテック(永野専務)様048-263-7022まで
お問い合わせをしてみてください。また、従業員改革では、朝の挨拶も出来ない社員
がいると、専務は毎日挨拶をするまで根気よくその社員に対し挨拶をしたそうです。
社員の発展なくしては会社の発展はしないということで、規則の作成・会議の
充実に取り組み、気になることがあったらその場で注意をするなど従業員の意識改革
に成功し今があるというお話を熱く語っていただきました。
失敗をしてしまった例もお話をしていただきました。社長の方針で一流大学出身の方
を採用したそうです。彼はデスクの上では大変優秀なのですが、
他の人の意見を利くことが苦手で、現場作業が重要である同社では、
結局現場とのコミュニケーションが上手くいかず長くは続かなかったそうです。
他の人の意見を聞くというのは一番大事だと思いました。
社長は 専務が社会貢献活動をすることに理解をされ 地域の活動や商工会議所の
青年部に所属しているこの頃だそうです
質疑応答が行われ定刻終了し、「江南春」で懇親会が楽しく行われ終了となりました。
最後に永野専務より今後法人会第三支部の活動において
精力的に参加をしていただける約束をしていただきました。(渡邉恒治)


12月1日(木)川口法人会第三支部 平成23年忘年会


昨日は 恒例の忘年会が芝下の「めんどり」で開催されました。
忘年会に先立ちバザール市の
実行委員会の反省会が開かれ募集した浄財 義援金の送り先に
ついて協議が集中いたし気仙沼法人会などに相談
増田実行委員長と相馬理事に付託しました。
7時からは続々と会員が集まり
用意された部屋は熱気にあふれました
新顔の会員も何人か見られ会員大会ならの事です。
歓談とお酒が進む中
今日のアトラクションじゃんけん大会は
プリぺードカード勝ち取り合戦で熱気むんむんです
午後9時無事に思い出を残して解散いたしました。



幹事報告 須賀総括幹事

新会員紹介敬称略
星野自動車工業
高畑園
(有)トノヅカ
三新工業
高梨 村松 柳下鉄工
居酒屋秀
フィス・ディスクエア
花木園 長岡
錦寿司
(株)松本空調サービス
長坂板金工業所
(株)コモディーイイダ  
アトリエヒラタ
(株)tokyo story 
(有)エーシーワン 海老沢食品
(有) ケバブ



<<< 2011年 >>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12


トップページへ


おらがまち!!地域情報サイト NPO法人 好縁の郷