<<<2012年 >>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
<<< 2013年 >>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
トップページ > ホットライン




2013年1月号

・〜・〜・
法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


2013年1月号




サンデーモーニング

毎日曜日ジョナサンで朝食会をサンデーモーニングと名付けて
今日も5名で朝食を摂りました。
このサンデーモーニングの歴史は古く、前身を振り返るともう30年も
前になります。
加藤一成理事のお父さんで私の親友でもありました元法人会の会長
加藤八郎氏と毎朝5名で差間の自然公園5時集合
見沼用水の散歩道を歩き、日曜日は朝食会をしていました。
その後 法人会として相馬会員加藤展裄会員の3人は
サンデーモーニングとして10年以上になります。
当時から日曜日散歩後7時にジョナサンで朝食後解散として私のシンクタンクとして
法人会の運営を話し合い基本プランを練ったものです。
最近は伊田理事 中島会員 那須野会員も参加楽しく朝食会です。
ここでは 家族会や公園探索(後楽園など)ハイキング 食事会なども考えて参ります
毎日曜日7時から9時までです。ご希望の方は連絡ください。


夢追いクラブ

17時30分西川口駅改札口に集合18時からの地元の女子プロレス
アイスリボンを観戦し 興奮冷めやらぬまま西川口駅前の竹もとに
席を予約呑み放題で例会を開催いたしました。
新しい会員を中心のこの会は私が最も楽しみにしている会です
何故なら元気で夢を持てる会です
今年2月に結成 ほぼメンバーが固定化しました。
これからは新会員を受け入れられる態勢つくりを作っていきたいと思います
今回遅まきながら暑気払いの担当委員会としての打ち上げでもありました
特に苦労した山本さんに対して慰労賑やかなうちに終了いたしました。




第三支部 忘年会 12月6日(木)

開宴18時30分には圧倒するほどの会員が集まりいよいよ楽しい忘年会の始まりだ。場所は駅前昔の友愛センター地下
ここで結婚式を挙げた人も多い場所
今回は46名で例年にない参加者です。
締め切りの11月30日では32名昨年並みが一気に増え始めて
予定40名をはるかに超えて賑やかな忘年会になった
料理も満足するほど出て、飲み放題で安心して
アルコールピッチも上がる。
やがてアトラクションは会員の徳さんの個展から大震災支援の
作品を次から次とオークションを行った。
恒例のジャンケン大会に会場は沸いて
今年はジャンケン大会 大賞は 新しく会員になられた
(株)廣洋 関根社長でした。
小さなおいしい釧路からのししゃもの燻製が配られ
楽しい忘年会も終焉した。




理事会報告

今日はSKIP1階にて理事会が開かれ第3支部からも多数の理事が出席した。
今回は会長指名があり次期会長が決まった。
また次期の事業計画 予算も無事に可決され
早くも新しい年度への秒読みが始まる。
今年度川口税務署から須賀理事が表彰された。
加藤展裄 私 山口 相馬理事に続いた功績者です。
支部として目標としていた大同生命の
推進員表彰で西推進員が入賞した。
皆様のお蔭です。
また会員増強も 目標34社に対して31社達成
あと3社になり年度内の達成は出来る目途に至り
第三のみが果たす快挙でもあります。
この後杉山川口税務署署長の講演があり
税務署幹部との懇談会と続きました。
それにしてもわが支部のまとまりとチームワークは
素晴らしい物であった。
しかし 他支部や親会との温度差が広がる一方だと感じた。




役員会納会

有終の美を飾る役員会納会の忘年会がさやそよで開かれた。
毎年25日最高のお店を使って一番仲の良い一番強力なメンバーで
最高の忘年会を感謝をこめて、
演じるこれが私の年行事の最大イベントです。
オーナーの早坂さんと何度も打ち合わせをして
予算度外視で接待して頂きました。
ありきたりの居酒屋でカラオケを使って、
そんな陳腐な演出は私の「宴会屋」のプライドが許さない

10年ぐらい前かな
ヒルトンホテルの中華バイキングが常にNO1の評価だが
今回は負けぬ企画と自画自賛する
津軽三味線の五錦さんを招いて本物の音色を楽しみました。
カラオケや演歌歌手などと違う
日本の文化をじっくり楽しんだ役員のレベルの高さ
私達のクリスマスはこうして究極の余韻を残して寒空を後にした。



新年の期待

今年もいよいよ新しい年にバトンタッチする
年の瀬になってきました。
次年度の第3支部の支部長も須賀理事に
決まりそれと共にこの俺がぁーまちは
サポートする立ち位置になります。
前から考えていた外政と内政に分けて外政に当たる須賀支部長 
内政に当たるコラボの会を西山理事にお任せして
俺がぁーまちは食事会などを通じてきめ細かい会員サービスに
徹して充実した活動が出来ればいいと思っています。
特にコラボの会はこれからの中心的な活動を展開主に、
異業種交流のメリットを追求してまいりたいと思っています。
新年はまた新しい夢を追いかける年にして行きたいと思っています
よろしくお願い致します。




2013年2月号

・〜・〜・
法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


   
2013年2月号

バザールクラブ1月例会報告 平成25年1月10日 ゆの郷 28名

睦月(むつき)、陰暦正月、むつびの月、馴れ親しみ心安くなる時、
元旦の朝の空気は私たちに不思議な清らかさを感じさせる。
今年こそはと気持も改まる一月例会は茨城県古河市、400年の
歴史、由緒ある永井寺(えいせいじ)のご住職 永井文雄様に
講話をいただきました。

 初めにお寺の経済活動について、お寺は葬儀、法事、石材屋との
経済活動はそのあり方、仕方が変わってきている。これは一般企業の
経済関係と同様である、おのずから葬儀の方法も同様である。
 これは心の問題である。心を磨く事は苦労することであり、苦労を
することにより心が磨かれる。しかし苦労だけでは磨かれない。心の
持ち方に問題がある。葬儀屋は人から絞ることを覚え自分たちの利益を
追求するようになった。結果客の取り合いとなり、大手企業が参入する
こととなった。又お墓の建築費は下がっていないが利益は50%から10%前後に迄圧縮されている。
 最終的にお金を負担しているのはだれなのか、何のために払うのか、浄財といわれるが、
現在の経済状況は厳しい時代に入っている。いずれ立ち行かなくなり、それによって文化の消失が起きる。人の人たる所以に関わっている状況が個々の業種に存在する。
末端まで葬儀を出すようになったのは戦後でありなぜ人は葬儀を出すのか、人は苦しい生活の中で
何故仏(先祖)として尊び平等という思想の中で生きた人間はもっと大切にしなくてはならない。
これは宗教が解きたかったことである。
 今、人の心、日本人の心は社会問題化されていない。自然葬や散骨は
忘れられ黄泉を見て人が人らしく生きるために葬儀を行うようになった。故人のためでなく残された者のために行うという意味もある。残された人がいかに心の中で受け止め位置ずけ、処理するか。これを行う儀式が葬儀である。
 亡くなった人達、それにつながる者たちがそこに生命をつないだ生き方(行い)をしたら「善人」になる。
企業に当てはめると自分の業種(本業)以外で利益を出さない(お金をもらわない)。
これは大事なことである。受け取らないと良い人が周りに集まってくる。
又恩は恩を受けた人に返すのではなく他の人に返す事が大事です。人は親切を拒むようになってきている。
他人の企業、仕事が良く見える(現実)。これは自分たちの首を絞めることととなる。
さらに収益が減ってくると末端までワイロが行き届く。結果破滅への道を辿る。
・リベートを受け取ってはいけない ・つまらない金は人生を崩す ・遊びは自分の給料内で 
・他人の金では何も学べない ・自分を磨くためにお金を使いなさい
 企業が生き残る方法は上記を含めどういう選択肢をとるかにより生き残り方が違ってくる。
リベートは取らない、出さない、もらわないが鉄則です。世の中の人は同じ方向を向く事はない、
逆のほうを見るほうが利益率は高くなる。
今後の社会は、選択肢がどこにあるかを見極めることが大事です。
 ・正しい相手(企業)と手をつなぐこと ・手をつなぐ(企業が胸を張って生きられる)
  相手を見つける、つまり小嶋支部長が提唱しているコラボです。うれしい玉
  (光あせないこと)を握る、お互い磨き合える手のつなぎ方が出来れば日本は
  企業にとっても福となる。経済界もそういう経済でであってほしいし、チャンス
  は必ずあるはずです。
以上永井住職からわかりやすく出席者の皆さんの納得のいったお話で明日の各
企業の指針となった講話を定刻終了しました。(加藤展裄監事記)




経営塾例会報告 1月17日(木)中国料理 原価家 味華 参加27名

 平成25年1月17日の経営塾は、ソーシャル・アライアンス・品川代表の
牛木章太様を講師としてお招きをして「相手の心を動かす本物の
営業力セミナー」をテーマに開催されました。
 今回は、講師自らの経験を元にお話をしていただきました。
「営業力」「コミュニケーション力」はセンスではなく、
コツとツボさえわかれば
誰にでも身につけることが出来るそうです。
結論から先に申しますと、
「相手の心を動かす」「相手を本気にさせる」事が
一番大事だそうでそのポイントはいくつかあり、
まず第一に、相手と会話をしている場合、
相手の会話に反応をしてあげることで、例えば会話の途中にうなずいてあげたり、
「なるほど」と相槌をうつことにより相手により安心感を与え相手の心の扉を
開くことができ信頼関係もより速く掴むことができるそうです。第二として、
相手のことをほめることが大事だそうで、特に目に見えないところ(考え方や
過去の行動など)をほめるとより効果が高いそうです。第三として、
文字だけで相手に伝えるのではなく、動画で伝えることが良いそうで、
どうすればよりよく相手が創造できるかが大切だそうです。最後のポイントとして、
魔法の言葉を教えていただきましてた。文章の最初に「もし」「仮に」
「例えば」などの仮説の言葉をつけることにより、相手は創造しやすくなるそうです。
例題として、「この商品を導入するとコスト削減になります」というより「仮にこの商品を
導入してコスト削減した場合、そのお金で何をしたいですか」というほうが、
相手は創造力をかきたてられるそうです。すぐに実践するのは難しいかもしれませんが、
意識をし何度も繰り返し練習をすることにより出来るようになり、
それと同時に営業成績もアップしていくとお話をしていただきました。
質疑応答が行われ定刻終了となりました。(渡邉恒治)


バス小旅行報告 1月21日(月)お台場 アクアシティ 京鼎小館 参加19名

楽しいことが大好きな  俺がぁーまちが各委員会で新年会が多発している中
これはクラブ譲り葉の担当かな お台場で一番おいしい小龍包を
食べようとバスを出して20名の募集 今日は夕方から雪と言う予報も
ありましたがなんのその お天気男の私が付いているじゃないの
17時スキップ集合です 生憎と幹事の赤田理事と山中さんがインフルエンザで
不参加になりましたがマスク姿の赤田理事に送られ出発 心配な交通渋滞もなく
お台場へフジテレビを覗いて目の前のアクアシティーにある
京鼎小館 アクアシティお台場店に入店 貸し切り状態で19名の食事会
次々に出てくるコースメニューは 豪華なものでなくおいしい中華です
全品皆さんは合格点 食事会ベスト3に入ります(伊田理事採点)




ホットライン トップへ



2013年3月号

・〜・〜・
法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


2013年3月号

2月14日(木)バザールクラブ ゆの郷

今日のバザールクラブは、じんどう接骨アスリートの
畑中院長にお越しいただき、体力アップ体操のお話と実技を
体験しました。お話も面白く楽しく拝聴しながら
日頃の運動不足を補いながら健康で楽しい生活をするための
ストレッチの数々を学んだ いつでも継続的できるよう
楽しく5つぐらいに留めることなど実体験で受講しました。
今後気楽に048-235-3090 川口市上青木西2-23-18に
電話いただければ相談に乗って頂けます。
更にコラボの会のコーナーに健康体操などの寄稿もして
頂けることになりました。




2013年4月号

・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・

2013年4月号

3月7日(木)幹事会 ゆの郷

7日ゆの郷で 今年度最後の幹事会が開かれた 幹事は21名中
17名が参加していつもながら和やかな会議でそれぞれが闊達な
意見を述べる。法人会の理事改選があり新たな出向予定者も決まり
5月の総会で改選されます。
次年度は3つの柱 もともと第3支部の活動基本であったが
法人会活動(地域の活性化) コラボの会(ビジネスの活性化)
クラブ譲り葉(生き甲斐の創造)に分けて
大きくなった所帯を事業部制にする
今読んでいるソニーなども衰退する会社を
この方法で立て直しをした。
今の 俺がぁーまちはたくさんの委員会で運営されている。
目的別に分けて独立採算性が良い時期に来たのではないかと思います。
この事により役員の固定化防げて優秀な人材登用が進められる経営戦略の手法でもあります。


経営塾報告 平成25年3月21日木曜日 19時 場所 川口商工会議所7階 出席者 10名

平成25年3月21日の経営塾は、株式会社インフィニ 
第二事業部リーダーで 元ものまねバー店長の肩書きをもつ、
長部憲一郎様を講師としてお招きをして「IT普及の道程 
今後のIT企業との正しい付き合い方」
をテーマに開催されました。
まずはIT(情報処理システム)の歴史の概要からはじまり、
もともと軍事的活用が多かったのですが、効率革命・
検索革命(調べものは紙からNetへ)情報発信力は飛躍的に拡大し続け、
ビッグデータにつながり、消費者の行動モデルAIDMA(アイドマ)から
AISAS(アイサス)http://ascii.jp/elem/000/000/638/638775/に
変化したと説明をされました。
またITでコストダウン効果として「人件費の削減」「ミス軽減」
「経営状況の把握」をあげられ、未来の動きとしてメガネ型PC「Google Glass」
http://www.youtube.com/watch?v=F_DsUl_vqvoが年内に発売されるとのことでした。
 そしてホームページ作成時の注意点として、その目的にあったものを考える
(売上をWebで稼ぐ第二の営業マン・集客を集めるetc )
最後に「デジタルデータは過信してはいけない。」本当に大事なものは
印刷をお勧めするという話はかなりの説得力がありました。
今回は年度末ということもあり参加者が少なかったですが、
来年度は女性講師を多く招きますので皆様のお来しをお待ちしております。

加藤 一成


日帰り研修旅行 3月24日(日)

一週間前天気予報は雨を指していましたが 今回もお天気男の
役目を果たし道中雨もなく暖かな旅行でした。
6時30分SKIP集合でスタートも遅参の会員一人グリーンセンタまで
車で追いかけて來るハプニングがありましたが参加25人でした。
毎週ある委員会に他支部のように、たくさんの参加がありませんが、
夏冬の会員大会、市長講演会、
そしてバス旅行の全会員に呼びかけるイベントでもあります。
今回は被災地支援と言うテーマの元 アサヒビール工場見学
磐梯熱海のホテル「華の湯」にて昼食
2時間30分湯舎[ゆや]めぐりの旅は帰途大渋滞に巻き込まれましたが
綾小路きみまろのCDに爆笑しながら
無事帰宅しました。

市長講演会 3月27日(水)スキップシティ

今年度最後のイベントが岡村市長講演会
毎年のラストイベントですが
今年の参加者の出足が悪く25日現在で27名
通常50名にはなりますが相馬さんを始め
皆様にも窮状を訴えてオープン
とり急いで参加された会員・町会・老人会・社員で
続々ご入場いただいて一時66名の部屋定員が
不足するのではと危惧しました。お陰様で無事終了。
うれしかったのは、今回一切打ち合わせなしでしたが
1時間前 看板を作り
イスや机の準備 皆さんが自然に集まりサポートして頂きました。
仲間なんだなーと感激しました。
須賀理事の下講演会が18時30分始まり私らのお願いは「川口の将来」でしたが
市長のプロジェクターの表題は「川口市政」必然的にテーマの差が生じたようでした。
殆どは財政 市政に始終、市職員はようこそ スピード 営業マンの3ッつの
スタンスで市民に対応することを明言 これはビジネスの姿勢です。
健全経営を目指す市長はさらに 市庁舎移転 一律高校の一元化
11ヘクタールの赤山ハイウエイ構想など10に渡る将来構想も語って頂き
楽しく1時間の講演を終了した。




2013年5月号

・〜・〜・
法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


2013年5月号


沖縄那覇法人会訪問

4月20日から22日まで役員有志6名で沖縄那覇法人会を訪問いたしました。
昨年は2月仙台中法人会を訪問。震災被災地との交流を致し厚いおもてなしを頂きました。
今年はかねてからの企画で沖縄宮古島法人会との再交流を(12年前に訪問)考えて
日程をこの日に当てていましたが生憎と宮古島のイベントであります
トライアスロンにぶつかり中止になった経緯があり、その延長で沖縄那覇法人会に変更されました。
事務所は那覇空港から近い県道7号線沿いにあり市内中心部に近い立地でした。
対応に当たってくれた照屋氏の温かい歓迎の挨拶を頂戴し、互いの情報を交換しました。

法人会活動

3月期末を終えて会計報告と事業報告を
事務局に提出いたしました
昨年度は従来に増して活発な活動を致しました
これはどの支部より数・質ともに凌駕しています。
なんと会議が137回
動員人数1428名です
皆様のお蔭で
活発な活動が出来ました事感謝します
会計は2万円ほど未払いがあります
(分担金を使い切ったと言う事です)
今年もコラボの会を始め
会員特化の活動を致しますので
よろしくお願い致します。



新装夢追いクラブ 4月18日

夢追いクラブのメンバーを改めて集まってもらいリニュアール
することになりました。今までの夢追いクラブは
若い会員と経験の浅い会員で構成をされていましたが
今回は 若い会員ではなく新たなメンバーで組み換えを
致しました。新装チャーターメンバーが今回の
出席者14名です。委員長は永野ともみ会員で
公益法人のルールに縛られずいろいろな例会を企画いたします。
今回は コラボの会が企画する「ものまねLIVE」の
運営などの説明 湯浅会員のキムシーンのコンサート
等が論じられた。今後 俺がぁーまちを支える委員会として
活動が約束された。例会は毎月と致しました。




商工会議所上青木ブロック会議風景

会員19名商工会議所からは田中副会頭 鈴木専務理事
加藤 大山職員が食事を一緒にしながら会議を持ちました
メンバーは全員見慣れた法人会のメンバーです。
最近私が申し上げてきたことはこの 俺がぁーまちは
法人会活動の為にあるのではありません
この上青木と神根地区に
地域の活性化を担うオピニオンリーダーとして機能し
その為には法人会の規則で縛られることなく
どうしたら地域のさらに
俺がぁーまちの会員にベストかを考える必要があります
今日の4役も 法人会の須賀支部長予定者  俺がぁーまちの
渡辺副支部長予定者 さらにコラボの会の西山副支部長ら
3つの目的別部門の調整にあります 商工会議所との
コラボは毎回申し上げる ワイドにワイルドに活躍する
良きジョイント先と言えます。




2013年6月号


・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・



2013年6月号


5月16日 法人会総会 リリア

16日 第2回の公益法人川口法人会の
総会が16時から開かれて事業報告など発表された
市長をはじめとする来賓からの祝辞
表彰式では私はおかげさまで4部門で表彰され
法人会の有終の美を飾ることが出来た
また私の20年にもわたる支部長退任に伴い
一緒の創設の仲間であった 加藤展裄 相馬 伊田会員が
退任し感謝状も頂いたが、このような異例の支部は皆無で
若返りを目指す第三支部らしい快挙と言える
今後は須賀新支部長を支えながら会員サービス特化の
俺がぁーまちとコラボの会で今まで以上の楽しい
俺がぁーまちe-mailクラブを形成してまいります
総会終了後音楽ホール満杯にして
記念講演会は 猪瀬都知事であった
大変敬語も厳しくステージには鎖で遮断しているさまが
写真でもお分かりでしょう
ステージを所狭しと歩くながらの講演でしたが中身は?

支部理事会 5月20日ゆの郷

今年度初の理事会開催。新理事も参加、今年度の予算とスケジュール・事業計画が審議され、
各委員会の担当役員構成が決定しました。各委員会の紹介を致します。

・バザール市が11月10日実行委員長は加藤一成理事です。

・バザールクラブ委員長は早田さんで毎月第2木曜日が例会で講師をゲストに招き昼食会を開催します。

・ビジネスクラブ委員長は加藤理事で社会貢献の経営塾を開催。
奇数月の第3水曜日が開催日、商工会議所とジョイント例会です。

・土曜サロン・ふれあいクラブは亀卦川理事が委員長で
土曜サロンは、友達や家族などを原則土曜日に同伴できる委員会で加入勧奨の対策委員会。
ふれあいクラブは親睦委員会としてバス旅行飲み会など会員の親睦事業が中心の企画。
奇数月の第4土曜日が例会予定です。

・サンデーモーニングは毎日曜日の朝食会をジョナサンにて開催。
ここでもハイキングや旅行異業種交流事業がテーマの開催です。委員長は加藤展裄会員です。

・クラブ譲り葉は今一番人気のおいしい食事会です。
会員の生の意見を取り入れて異業種交流や会員増強・厚生委員会活動として
保険の推進などに昨年度はたくさんの成果を出しています。

・特別委員会コラボの会です。委員長は西山理事です。
今期からはビジネスタウンとして、会員のメリットとして叫ばれるビジネスの活性化と職業奉仕を通じて
地域の活性化に寄与することを目指します。

5月22日(水)経営塾報告 SKIP4会議室 参加者21名

平成25年度第1回の経営塾は、株式会社エイチ・エーエル取締役・副代表の
太田敬治様を講師にお招きして「中小企業のカギはNO.2にある」をテーマに開催されました。
昨年7月17日に「中堅社員を中核社員に」のテーマで同講師よりお話いただきましたが、
非常に解りやすく楽しい講義との噂から今年も大勢の参加者のもと行われました。
今回は事業承継に纏わる様々な問題を具体的な例を挙げご説明を頂きました。
中小企業の多くは同族企業であり、
「自社株式」は経営者が大半を保有しています。
経営者が存命中は所有と経営が一致していますが、
亡くなった後の相続により株式が社業に
関係の無い第三者の手に渡る事があります。
その場合に株主構成が変わり、
事業の意志決定者が変わる事により運営に
支障がでてしまうリスクがあります。
(東京商工リサーチ:後継者教育に関する実態調査によると
「特別なことはしなかった」が3割)
今日明日で事業の承継をすることは不可能な為、
計画的に行う必要があります。
(1)明確な意思表示をし
(2)後継者が危機感を持つ<本気で考える>
(3)負債は先代で全てを清算する必要は無い
(4)拠りどころ<経営理念>
(5)経営計画とPDCAサイクル
(6)自分=会社の意識
事業承継とは『親分』の交代である。
次期『親分』と一緒に考えながら会話しながらバトンタッチをしていくとお教え頂きました。
質疑応答後に懇親会へと移動し、第1回目にふさわしい盛会に終了いたしました。(赤田知之)

5月25日(土)土曜サロン報告 竹取り饗宴14名

土曜サロンスタート時の参加者は3名
こんなさびしいスタートは少なく
皆さんにメルマガでお助けメールを発信いたしました
本当に皆さんは答えてくれて
14名の参加で今日の土曜サロンが開催されました
会場の「竹取り饗宴」、当たり外れはあるもので
まるでブロイラーのような狭い宴会が始まりそう
私は早速スタッフに抗議して
2部屋を合わせて会場つくりをしてもらったが
今度は飲み物・料理が順調に流れてこず場所を紹介した私としては
焦るものがありましたが そこは仲間 それらの障害をカバーして頂き
72種の飲み放題でアルコールはたっぷり会話の弾む土曜サロンになりました。
新委員長の亀卦川さんは これからの楽しい土曜サロンを企画いたしますが
参加者が一人でも開催いたしますと自信たっぷりの挨拶を致しました。
今年度第1回土曜サロンこうして飲み会の好きな同志 2次会などに流れて行きました。

夢追いクラブ5月29日(水)ゆの郷19名

あんたが大将 あなたならどんな委員会に
夢追いクラブは 新しい会員による新しい活動を願って
委員会を一新 永野委員長の下 5月29日ゆの郷で
楽しい活動を願い夏の会員大会の実行委員会として
新鮮な暑気払いを計画するつもりで19人の会員が集まりました
それまでは どこかの会場を設定し 
歌手でも呼んでの暑気払い飲み会計画でした
それが会員大会と言う事で
SKIPでのお祭りを振り替えて行う事が決まり
今回は支部理事会預かりとして全体事業に致します
余りにも大きなプロジェクトで戸惑いが見えます
本来バザール市で売店を出して楽しむ 小さな楽しみからのスタートですから
右を見ても左を見てもまだなじんでいるメンバーではありません
新鮮な驚きの心を持つ そんな会員にするためもう少し時間と経験を持つまで
ゆっくりと進めて行くべきだと思いました

監事報告6・7月予定(日程変更あり)

6月2日物まねライブ 映像ホール18時30分
6月6日バザール市実行委員会 ゆの郷18時30分
6月13日バザールクラブ ゆの郷12時
6月21日夢追いクラブ会員の集いに合流18時30分
6月25日クラブ譲り葉 6月27日4役会議 ゆの郷12時
7月4日バザール市実行委員会 7月11日バザールクラブ
7月15日会員大会暑気払い
7月17日経営塾
7月25日4役会議




<<< 2013年 >>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
トップページへ


2013年7月号

・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


2013年7月号

俺がぁーまちには15の委員会がありますがさらに増えています。
俺がぁーまちの会員としてのメリットを追求して
会員ならどこかに拠点を置いて参加して頂こうと思うからです。
一番人気は 俺がぁーまちe-mailクラブです。
450社の登録を頂いていますがまだコンピュータをやらないとか、
時間がないと言う方が約半分いらっしゃると言う事です。
一般市民にもこのメルマガは配信。好評を得ています。
今後も会員サービスに特化します。



●6月13日(木)バザールクラブ例会報告 ゆの郷

本年度第1回目のバザールクラブは、
当クラブの委員長でもおられる早田圭介氏に、
25年間になる保護司生活の経験をお話をしていただきました。
その前に、皆さん『保護司』って知っていますか?
保護司の具体的な活動としては、
罪を犯してしまった人たちと面接を行い、
出所後の帰る場所の環境を調整したり再び犯罪を犯さないよう
見守ります。また、犯罪や非行を予防するために
地域での啓発活動をしております。
法務大臣から委嘱される非常勤の国家公務員という身分
だそうですが、基本保護司の方は無給のボランティアで活動をされており川口市内には
現在112名の保護司の方が活躍をされております。
 昔は保護司の方は学校の先生やお坊さんが務めていたそうですが最近では
一般の方が務めているケースが多いそうです。保護司になると定期的な研修を受け
、75歳の定年を迎えると今後の保護司のために長い期間で得た知識を活かし
研修員となり、保護司の生活は、研修に始まり研修に終わるといわれるほど
研修が大事だそうです。出所後、就職先が見つかることにより再犯率が低下する
当データもあります。早田氏自らの経験談を昨日のことのように熱く語って
いただき定刻となり終了となりました。
 最後に、地域の治安を守るのは保護司の方だけでは限界があり、
地域住民の協力のもと行うことで再犯率の低下につながりしいては地域住民の
安全につながるということです。可能であるならば罪を犯したし人の
前歴にかかわらず雇用をしていただき、立ち直りにご協力をしていただけると
ありがたいとのことです。(渡邉記)





2013年8月号

・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


2013年8月号



7月4日(木)バザール市実行委員会 ゆの郷

今日も元気な15名の支部理事役員が理事会に出席
法人会  俺がぁーまち コラボの会の3代表が報告
ここが今までの理事会と違い連合性になっている
それに今回はバザール市実行委員会が合流し
それぞれの協議がなされる 今回の 俺がぁーまちのテーマは
夢追いクラブが主管する暑気払い会員大会でアトラクションに
女子プロレスのアイスリボンを招き ビヤーガーデンを設営して
模擬店の運営などで近辺にチラシをまいての地域を交えての
夏祭りとしその打ち合わせもしっかりされ当日を待つことになった
合わせて11月の社会貢献のバザール市のたたき台も出され協議に入った
いよいよ充実した活動が期待される。

バザールクラブ報告 7月18日(木)ゆの郷 参加24名

 7月のバザールクラブは、川口市立上青木中学校鈴木日出彦校長
をお招きし今の中学生の『思春期の心模様』をテーマに
お話をしていただきました。
 Benesse教育研究開発センターの調査資料と
照らし合わせながら中学生の現状について説明がありました。
まず親子間の会話については父親よりも母親と会話をする
傾向が強く、友人関係の話より学校での出来事を話すことの
ほうが多いそうです。また、男子より女子の方が自分ひとりで
悩みを解決することができないことが多く、悩み事を相談できる
友達を多く作ることで解決をしているケースが多いそうです。
若い時ほど友達などの意見に流されてしまし自分の意見を言えない子供達が多いということです。
 朝食のとりかたについては、最近の傾向で朝食を取る子供が増えているそうなんですが、
ダイエット目的で量を減らす子どもたちも増えていて特に女子生徒は、
ダイエット目的で朝食を食べない子供も増えているとのことです。
 最近の中学生の悩みについては、友人関係のトラブルが多いそうです。
トラブルの原因は、最近流行りのライン(SNS)の利用による誹謗中傷によりトラブルとなるケースが多く、
今、ニュースになっている広島遺棄事件もこれに当てはまるそうです。
学校側もこのことに対応するために、地元警察の協力のもと生徒たちに携帯電話の使い方講座を行い対応しているとのことです。
 非行・犯罪も低年齢化が進んでいるそうで、罪を犯しても大人と同じ罰を受けないということも大きく左右をしているそうで万引き・喫煙・飲酒のトラブルも少なくないそうです。
 最後に、埼玉県の施策として『教育に関する3つの達成目標』読み・書き、計算能力、生活態度の向上に
取り組んでおり、『職場体験』により少しでも多くの時間大人達との生活に触れ合う機会を作っているそうです。
一番大事なことは、『学校』『家庭』『地域社会』が協力をし、情報を共有し合い
子供達の健全な育成を支えることが大事だということです。
質疑応答が行われ定刻終了となりました。
 今年度のバザールクラブについて、委員長の早田圭介氏より前年度までとは少し思考を変えて
取り組んでいきたいというお話がありました。お忙しいとは思いますが是非皆様に足を運んで
いただきバザールクラブに参加をしていただきたいと思います。(渡辺恒治記)




2013年9月号


・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・



2013年9月号

夢追いクラブ報告 8月29日(木)ゆの郷

この会は楽しい 何故なら役員が介在せず 法人会に縛らせない
自由な会で 永野委員長のコーディネーターが光る会です
今回も3つのテーマを赤田さんの司会の下進められ
一つは暑気払いの反省 バザール市のテナント参加 次回プログラム
この会の良さは何かを一緒に汗をかくそれによる共同意識の向上
自由闊達な意見交換 そして文字通り夢を作る会であること
アイスリボンと今後やバザール市の出店の内容
事業をやる楽しさがこの活気を作る
次回は10月26日土曜日 小石さんの夢工房で
限定会員で開かれる夢追いクラブは法人会の経験の浅い人となるため
誰でも参加できない代わり参加者には暖かい仲間が待つ会でもある





2013年10月号

・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


2013年10月号



9月6日(金)理事会&バザール市実行委員会 ゆの郷

9月6日支部の理事会&バザール市実行委員会がゆの郷で開催され
15名の関係者実行委員の参加で開催されました
理事会では法人会の親会報告・俺がぁーまちの委員会報告・コラボの会の活動報告がされます
俺がぁーまちの中に3つの柱があり それぞれが連携して運営
されていることは昨年度と異なることです
実行委員会は 委員長が加藤一成理事のリードの下
昨年の反省をしながら新たなバザール市に向けて着々と
進めていますが今年は補助金が得られなかったこともあって
テントなしと言う新たな挑戦でもありリスクもあります
夏のアイスリボンそして今回は学生のプロレスをゲストに招いて
盛り上げて行く算段です それにしてもこのメンバーも結束が固い委員会です。

バザールクラブ報告 9月12日(木) ゆの郷12名

昨日12日ゆの郷で9月のバザールクラブが開催され
上青木長寿クラブの会長増田勝美氏をお招きして12名の参加で
「これからの長寿者の生き方」と題してお話を伺いました
参加者も町会関係の関係もあって顔なじみ
気楽に卓話終了後も和気藹藹に話も弾みました。
上青木には6地区あり510名の会員で構成されている様です。
川口鳩ヶ谷では187地区13548人の登録があるそうです。
上青木地区では2046人の高齢者がいる中
まだまだ登録がほしいそうです。
主にスポーツなどを通しての健康 ゴミ拾いの社会貢献
 友愛活動 子供たちの見回りパトロール 各種イベントなどを行っているようです。
今後も老人党など昔政治の党があったそうですが
若い人との交流をしながら元気な高齢者として頑張って行きたいとのこと
しかし今回の例会は高齢者ばかりやがて通る道もっと関心をもって欲しかったなー


経営塾報告 9月18日(水) SKIP4A・4B会議室 24名

第2回の経営塾は、株式会社MAP経営 コンサルタントの田中亮様を講師にお招きして
「経営計画が会社の未来をカタチにする」をテーマに開催されました。
これから求められる経営手法は今までの「分析型経営」に加え「未来想像型経営」が必要となるそうです。
バブル崩壊後、規制緩和や経済グローバル化等により、
競う相手が同業他社のみならず異業種や海外企業となる場合もあります。
今後は少子高齢化により人口減は避けられず、
未来を予測し環境の変化に対応し続ける事が大切である。
人類が月に到着できた話を例に企業経営に置き換え
ご説明をいただきました。

1.明確な目標(誰が見ても明確・全員が明確となるよう明記)
・・・計数化し目的の共有化、書面+発表し全員に伝える
2.方法論の具体化(実行する人が・5W1H)
・・・ボトムアップ 経営参画モチベーションUP、
アクションプラン
3.軌道修正の仕組み(ズレがタイムリーに判る仕組み・改善する仕組み)
・・・自社経理、会議経営計画の実践ステップとして
@社長が「方向性」を示す
A「方法論」を具体化する
B「達成管理」を徹底するPDCA
講師の在籍されている会社では、まず自社分析をし強みと弱みを確認し
、課題克服の手段を検討。経営理念・目標・中期経営目標の作成共有化。
戦略と戦術のイメージをし数値計画書作成・確認・修正。
計画を元に具体的実施策の作成。
などの中期(5ヵ年)経営計画を1日で作成するサポートを行っているそうです。
講義の後3名の方より質疑応答を終え盛会に終了いたしました。(赤田知之)

ふれあいクラブ例会報告 9月27日(金) ゆの郷

27日のゆの郷で  今回はスマートフォンの上手な使い方・遊ぶ
という表現でご案内いたしました
ゲストとして前川イオンのノジマ電気から
店頭販売員の長谷川千尋さんをお招きして
開催いたしました
習えば簡単で100万もアプリがあるそれを
いかに自分の生活に取り込むか
話題もIフォン5Cや5Sが発売され
全世界で900万台も一瞬に販売されたという
まだその2機を持つ会員はいなかったが
音声入力が出来るiフォン5を持つメンバーも
半分以上 只使い勝手を駆使出来る人は少なく
今回は音声入力でショートメールを
送ることが出来るようにさらに
アプリが購入出来る事などが主であった
今後コラボの会IT事業部でも講習会を開きたいと本日も講師で来られた永野委員長の弁もあり
今後さらにネットワークが広がるように期待したい例会であった
さらに 華を添えた長谷川嬢も今後手伝ってもらう事に




2013年11月号

・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・


2013年11月号





2013年12月号


・〜・〜・法人会は、いつも楽しい事を創造する会でありたいと思います・〜・〜・



2013年12月号






<<< 2013年 >>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12


トップページへ


川口市周辺地域情報サイト「おらがまち!!」 NPO法人 好縁の郷